忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

  まさかの同じタイトルを3日連続使うことに…。もっともオイラの中では昨夜ですが、実際は日付変わって4日に更新したことになっておりますが…。
さて、本日ももし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの『マネジメント』を読んだらを、 とうとう読み終わりました。1,600円が本体価格でそれに別途消費税が加算されるので、実質1,680円も出した本ですが、サクサク読めて、すぐ読み終 われました。でも、読み応えバッチリながらボリュームがありすぎて、途中で挫折することを想像すると、サクサク読める本で良かったかな。
この本を読んで、ドラッガー著のマネジメントの基礎や極意がわかる…というほどのものではありませんが、経済…というかマネジャー(あえてマネージャーと書きません)の認識をするのには向いているのかな? タイトルの“もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの『マネジメント』を読んだら” ですが、タイトルっていうのは大事かもしれないと思いました。もし…読んだら…となっているのは、ちょっと「おっ? どうなるんだろう?」と興味をそそられるタイトルですよね。凄い人気のある本らしいし、なんていうか萌単(もえたん)のように、所謂(いわゆる)萌えキャ ラを使って、マネジメントをわかりやすく(?)解説する本を想像していてのですが、見事なまでに小説でした。
ストーリーは弱小の都立高校が強豪を倒し甲子園出場を目指すという、マンガやドラマにありがちなストーリーで、主人公の川島みなみという少女は、病気で入 院した親友の野球部マネージャーの少女に代わって野球部のマネージャーに志願し、野球部を甲子園に出場させるという目標を持つのですが、みなみはマネー ジャー、マネージャーの仕事というのをよくわかっていなかったので、マネージャーの仕事についての本を買おうと立ち寄った本屋さんで、マネジメントという 本を薦められて購入。最初は野球のマネージャーのことが書かれていないその本を買ったことを少し後悔したが、読み進めていくにつれて、その内容に感動を覚 え、このドラッガー著のマネジメントをバイブルとしてマネジャーの立場から、野球部を強くしていったのでありました。1年年下の後輩メネー ジャーの女子…といっても主人公のみなみは2年生の夏からマネージャーを始めたので野球部としてはみなみが後輩なのですが、1年生のマネージャーとの関係 や選手達との関係、監督との関係、それらをマネジメントを参照し、また、入院している親友の少女の助けも得ながら、難問を次々と乗り越え、目標に向かって いくのです。
話題の本で、すでに色んなメディアでも取り上げられているので、まだ読んでいない方でも、オイラはここでは伏せましたが、目標とし ていた甲子園の出場が叶ったか叶わなかったのかも御存知の方も多いでしょうね。後半はありがちな…というか、ちょっとベタと言えるストーリー展開なのです が、ベタ好きなオイラには、ちょっとウルッと来るシーンもあったり…。
この本がきっかけで、またドラッガー著のマネジメントも売れているそうですが、オイラも読むとは断言しませんが、マネジメントを読んでみたくなりました。もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの『マネジメント』を読んだらのような本を読むと、自分に実生活などで応用させることが大事なのだろうな、と、一時(いっとき)はモチベーションがグッと上がるのですが、一晩寝たらスコーンと忘れるわけではないのですが、熱が冷めているんですよね…。
小説なので、ドラッガー著のマネジメントの指南書や入門書と思って購入すると、微妙にガッカリするかもしれませんが、ベタ好きな方ならもし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの『マネジメント』を読んだらはお薦めできそうな気がします。  

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック