忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
4 8
12 13 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


 なんだか最近、一気に映画を観ている気がします。ステータス・アップデートという映画を観ました。映画サイトで「どんな映画やってるかなぁ~」と検索してるときに目に留まって即決してしまいましたよ。朝ツイッターでちょっとツイートしましたが、アカシックレコードなんていうのを見ていた影響も、このステータス・アップデートを見る大きな要因になったのかもしれませんね。



 この映画、ヘアスプレーなどで有名な監督さんの作品だそうですが、その映画も知らないオイラでした。魔法のアプリの入ったスマホを手に入れた主人公のカイルが、そのアプリを使って次々といままで叶わなかったものを手に入れていくという、ありがちといえばあるがちなストーリーですが、日本の作品とはやっぱりちょっと違うなぁというのが感想ですね。

映画 ステータス・アップデート 公式サイト


 いろいろ手に入れたカイルでしたが、虚しさも感じる彼、そして、僕の物語はここまで…なんて言っているので、「なに? こんな中途半端で終わるの?」と思ったら、その後も映画は続き…。いろいろあって、最後は、まぁ、こういう結末でいいかなぁ…と思える結末でしたが…。
 
 最近、邦画を観ることが多かったので、洋画を続けて見たのも久しぶりでした。めちゃくちゃおもしろかった、お薦め…とまでは言いませんが、オイラには悪くない映画でした。
 

拍手[0回]

PR


 映画、ボヘミアン・ラプソディーを観ました。この映画、オイラは音楽に疎いので見ることはないかと思っていたのですが、色々あって見ました。
 クイーンは、オイラと同じかオイラより上の世代がドンピシャ世代かな? 40代後半から60代ぐらいまでで、クイーン、フレディーを好きな人、リアルタイムで熱狂していた人には鳥肌ものというか感無量の映画なのでしょうね。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』公式サイト


 音楽に疎いオイラは恥ずかしながら、クイーンというバンドはなんとなく知っていますが、どんな歌とかどんな活動していたとかほぼ知らないんですよね。でも、映画を観てると、「あっ、この歌は知ってる」というのが幾つか出てきて、やはり凄いんだな…と思いました。
 最後…でもないけれど、後半で父親とハグ ( ? ) するシーンなどはジーンと感動しちゃいました。
 …ということで、残念ながらオイラは魂を揺さぶられるほどでもなかったのですが、魂を揺さぶられた人は多いかも?
 
 実際、この映画、オイラは自分で「見ることはないだろうな…」と思っていたのですが、以前観たカメラを止めるな!もそうですが、ツイッターの TLなど、SNSなどでやたら評判がいいので、気になって見たという…。また月曜日はTOHOシネマズではauマンデーで映画を 1,100円で観られるという特典があったので…。

拍手[0回]



 なんだか最近あんまり映画を観てないなぁ…。なんて少し前にツイッターだったかな? ボヤいていたのですが、今日も映画を観ました。何を観るか少し迷いましたが、以前ビブリア古書堂の事件手帖という映画を観て、すっかりお気に入りの女優様になった黒木華様が主演されているということで、日日是好日という映画を観ました。

映画 日日是好日 公式サイト


 日日是好日って「にちにちこれこうじつ」と読むんですね。読み方が最初わかりませんでした。もっとも以前と違い今は映画もタッチパネル方式でチケットを購入できるので漢字などが読めなくても困りませんが、以前のようにスタッフにどの映画を観るか伝える方式だと、タイトルが読めないのは恥ずかしいですね。以前、漢字でもないのにふきげんな過去という映画を観る際、「ふざけんな過去、大人一枚」と言ってしまったことがあります。スタッフも何事もなかったかのようにふきげんな過去のチケットを発券してくれましたが…。
 蛇足はこのへんにして、映画ですが、ビブリア古書堂の事件手帖を見た時も書いた感想ですが、人によっては退屈してしまいそうな内容ですね。オイラもお茶にさほど興味があるわけでもないので、正直、最初の方の袱紗 ( 帛紗 ? ちなみに読み方は「ふくさ」です ) の扱いなどを時間をかけて解説するシーンなどは退屈しかけましたが。この映画を観ると、お茶、茶道の世界って凄いのかな…と思えました。
 お茶にまつわるシーンなどでは、台詞もなく BGMもなく、雨や風といった自然の音や湯の沸く音、着物の擦れる音など、なんだか静かに見るシーンが長く続いたりもしますが、別に静寂なシーンということもなく、妙に長いシーンなのに、イラついたり退屈したりせず、固唾を呑むほどでもないのですが、ちょっと緊張感もある、なんとも不思議なシーンでした。主人公の典子がお茶を煎れるシーン…。
 家族のこと恋愛のことも触れつつも、これだけお茶を中心にストーリーが展開するのも凄いですね。ラストシーンは良かったようなあっけないような感じでしたが…。
 
 この作品のテーマなのか、作中にも台詞で出てきましたが、「世の中にはすぐわかるものとすぐわからないものの 2種類がある」…。この作品も一通り見るとわかったような気になりますが、この日日是好日という映画が実は「すぐわからないもの」なのかもしれませんね。

映画 日日是好日 公式サイト


 この映画、樹木希林様の最後の映画作品ということも話題になっておりましたが、本当になんともいえない存在感のある女優でしたね。今日の昼頃テレビを見ていたら赤木春恵様が死去されたニュースも流れていましたが…。樹木希林様のようなキャラの女優さんって、なかなか現れないでしょうから本当に残念ですが、この映画、観て良かった一作ですが、これは個人的な感想で、人にこの映画をお薦めするとなると、どこが見所かとか説明が難しいですね。
 
 しつこいですが、ビブリア古書堂の事件手帖を見て黒木華様可愛い♪ と目がハートにならなければ、きっと見ることも無かった映画だったと思いますので、この日日是好日の中でも一期一会と言っておりましたが、本当に何がどこでつながるか…。人生って「すぐわからないもの」の代表みたいなものでしょうね。
 

拍手[0回]



 以前から気になっていたスマホを落としただけなのにを観ました。映画の話まで酷い目に遭うことはそうそうないでしょうが、スマホや SNSって個人情報をバラまくツールになりかねないから怖いですよね。
 
映画『スマホを落としただけなのに』公式サイト


 最初、ポスターを見た時に、上司の悪口やら付き合ってる Hな写真をバラまかれたりして精神的に追い詰められていく…というお話を想像していたのですが、想像とは違って、猟奇殺人に巻き込まれるようなサスペンスな展開が待ち受けていました。
 途中で、あれ? 彼女って…や、あれ? こいつが犯人なのか? とかいろいろ想像しながら見てました。
 まぁ、なんだかんだありましたが、ハッピーエンドで良かった…? ってかハッピーエンドですよね??
 

 もう公開されてからまぁまぁ経つので、ネタバレもいいですよね? いうほどネタバレは書いていませんが。
 ちなみに、TOHOシネマズで見たのですが、オイラの見た回は日本語字幕付きだったので、ちょっと字幕が気になって映画に集中できない時もありましたが…。

映画『スマホを落としただけなのに』公式サイト


 ちょっと怖い映画でしたが、面白かったです。

拍手[0回]



 ちょっと気になっていたビブリア古書堂の事件手帖という映画を観ました。映画の感想ですが、まず、黒木華様が可愛い♪ 以上。
 …って、それじゃダメですよね。

ビブリア古書堂の事件手帖


 そんなにむちゃくちゃ面白いというほどでもないですが、面白い作品でした。派手さはないので、退屈に感じてしまう方も多いかもしれない映画かな…とも感じましたが…。
 見たとき、栞子さんって、本を手に取るとその本を手に取っていた人の思いを読み取れる特殊な能力の持ち主さんかな? と思って見てたのですが、そういう超能力者ではなく推理してたんですね。事件が起きるんですが、その犯人はこの人だろうな…というのが途中で予測がつくのですが、それでこの映画がつまらなくなるということはないので、そこは安心して見ていることができます。
 
 う~ん、オイラはどうも映画の魅力やこの展開にハラハラドキドキ…みたいなことを伝えるのがヘタすぎですね。

ビブリア古書堂の事件手帖


 ちなみに、この作品は、大輔さんのお婆さんの話も出てきて、過去のストーリーと現在が交錯する…というストーリーではないものの、なんか、オイラが生まれる前の時代ですが、古き良き時代だった昭和を懐かしめる一作かもしれませんね。
 
 映画を見終えると、カツ丼が食べたくなる…。

拍手[0回]



 以前から可愛い方だとは思っていましたが、先月、京都競馬場で見て、更に好きになった波瑠様 ( ちなみに記事はこちらもしくはこちら )  
 その波瑠様が主演ということで、気になっていた映画、オズランド 笑顔の魔法おしえます。を観ました。TOHOシネマズで上映していたので、月曜日のauマンデーで 1,100円で観られましたよ。

 正直言って、波瑠様を見たくて見ようと思っただけで、それほど期待していた映画ではなかったし、それほどストーリーもわからずに観に行きましたが、行列のできる法律相談所に波瑠様が出てらしたときも見ていて、小塚さんに秘密が…ってことで、どんな秘密が…とあれこれ想像していましたが、オイラの想像とは全然違いました…。


「映画」オズランド 笑顔の魔法おしえます。 公式サイト
「映画」オズランド 笑顔の魔法おしえます。 公式サイト


 なんていうか、ほのぼのした映画というか、誰も殺されたりしないし、大きな犯罪も起きないし、サスペンスというかあれこれ裏を読む必要もないし、たまにはこういう映画でほっこりするの、いいですよね。
 毎回、こういう映画ばっかり見るとおもしろく感じなくなるのかもしれませんが、なかなかいい映画ですよ。まぁ、オイラが波瑠様の虜になっているので、贔屓目かもしれませんが…。
 地元の熊本県の方は、また見方が違うのかもしれませんね。
 最初のやる気の無い波瑠様…というか波平さんもわかるな、気持ち。でも、だんだん魔法にかかる ( ? ) 波平さんを見て、オイラもこういう場所に居たら変わる、変われるのかも ? と思いました。
 

拍手[0回]



 ギルティギア の蔵土縁紗夢のような、 餓狼伝説 スペシャルの不知火舞のような、美脚露わなセクシーなお姿を見たい気がする、カトパンこと加藤綾子様のようなオトナ可愛い女性、眞鍋かをり様のようなオトナ可愛い女性、そんな素敵な女性と仲良く楽しく美味しいお酒を呑むのが夢なおっちゃんです。てっぱん♪
 
 最近、あんまり映画を観なくなってきてますが、カメ止め以来、久しぶりに見ました。見たのはコーヒーが冷めないうちにです。
 この作品、電車の車内広告で本の広告を見て、面白そう…と思いながら、結局は本を読めなかったんですよね。今回は映画になったということで、興味ありました。4回泣けます…ということは 4人が利用するってことですね…と思いつつ、映画を観ました。


コーヒーが冷めないうちに コーヒーが冷めないうちに


 う~ん、いい話ではあるのですが、オイラの個人的な期待度が高すぎたせいか、4回どころか 1回も泣けなかったのですが…。
 最初は軽いジャブみたいな時間移動で、2人目と 3人目はそれなりにヘビーな感じ。そして 4人目はこの人だろうなぁ、と思った人がやっぱり利用…。ちょっと最後は、「え? こういうこと」ということで、なんか釈善としないオチでしたが…。まぁ、いい話ではあるのですが、ちょっと微妙ですね。

拍手[0回]



 ギルティギア 蔵土縁紗夢のような、 デッドオアアライブ のレイファンのような、美脚露わなセクシーなお姿を見たい気がする、川口春奈様のようなオトナ可愛い女性、石田ゆり子様のようなオトナ可愛い女性、石川梨華様のようなオトナ可愛い女性、加藤綾子様のようなオトナ可愛い女性、そんな素敵な女性と仲良くなれる。といいなぁ。てっぱん♪
 
 以前から見たいと思いながら見ることが叶わなかったカメラを止めるな!という映画をようやく見られました。この作品、予告編も見たことがなかったし、ノーチェックの作品だったのですが、7月の半ば頃からだったかな ? 7月の下旬頃だったかな ? SNS、ツイッターのタイムラインやフェースブックのニュースフィードに流れてくる記事で、「カメ止め!」が話題…というか評判になっていて、少しずつ気になっていました。 8月には大阪でもいくつかの映画館で上映していたので、先々週あたりから見たいな…とは思っていたのですが、たまのお休みやお盆で仕事が早く終わったときに「見よう」と思っても、満席で見られないという…。お盆も終わりましたが、まだ平日でも朝一の上映だと空きもなくはなさそうですが、それ以降は上映時間少し前には満席…が続いていました。今日、久しぶりに大阪は梅田のスカイビルにあるシネリーブルで見ることができました。上映 30分以上前に行ったのですが、空きの席がもう 4席しか無かった。19時台の上映なんてすでに満席でしたからね…。仕事終わりに見よう…という人が多いのかな ? 

カメラを止めるな!


 この映画、SNSなんかで見てると、予備知識が無く見た方が良いという意見が多く、ストーリーには極力触れていないものが多かったのですが、今日見終えて、その意見に納得できたので、せっかくのブログへの投稿ながら、ここでも「カメ止め!」のストーリーはできるだけ触れないようにします。
 実は、ちょっと残念なことに、この作品は元は演劇で行われたものを参考にしているそうなのですが、参考程度ではなく、似ている箇所が多く、原作者だという人が現われたようで、パクリ疑惑が出ているそうです。だからといってこの映画がすぐ打ち切りにあんることは無いでしょうが、今朝のめざましテレビでそのニュースを見たのですが、その中で映画の台詞の一部が出てきたり…と、せっかく予備知識をなるべく得ないようにしていたのですが、こういうニュースが出ると、「このシーンが元の演劇のパクリ…」とか、映画の内容がネットなどで目に触れることが増えかねないと思い、 1日も早く見なくては…と思い、今日休みだったので急遽見ました。
 ちなみにシネリーブル梅田は水曜日は 1,100円で観ることができる日でした。レディースデーとかはありますが男女関係なく 1,100円でした。ここで見ようと思って正解だったかな。
 
 一応、ちょっと知っていた知識としては前半の 30分ぐらいはグダグダで B級映画って感じだと SNSの投稿で知っていましたが、実際、ちょっとイライラしちゃうような、音楽なんかは臨場感を盛り上げていますが、ショボイ映画だなぁ…という感じです。パンフレットに「最後まで席えお立つな、この映画は二度はじまる。」ってありますが、すでに話題作なので、これで「つまらん」と言って席を立つことはないのですが、初期の頃に見た人の中には早々に席を立った人もいたかもしれませんね ?? 
 
 これだけ毎回満席になるのは、当然リピーターが多いということでしょうけれど、見終えてリピーターが多いのも納得ですね。オイラは 1,800円払って ( 本日はサービスデーで 1,100円で済みましたが… ) また見るということはまずないので、リピーターにはならないと思いますが、ストーリーを知ってから、また最初から見たいな…と思いましたからね。全て知ってから見ると、今度はイライラすることなく楽しめそうですからね。
 
 ストーリーを書かないというのは難しいですね。でもこれはお薦めの一作ですね。上映時間も短めですし。ちなみにYouTube動画で予告の動画を見つけたので最後に貼っておきますが、これから見る人は、この予告編も見ない方がいいかも ? 




 話題作ですし、パクリ疑惑 ( 問題 ? ) が尾を引かずこれから上映されるところも含め、無事に上映が続きますように。

拍手[0回]



 石田ゆり子様のようなオトナ可愛い女性、石川梨華様のようなオトナ可愛い女性、新垣結衣様のようなオトナ可愛い女性、そんな素敵な女性とご一緒してみたいものですね。てっぱん♪
 
 久しぶりに映画を見に行きました。見たのは万引き家族です。

 
 つづきは「こちら
 

拍手[0回]



 石田ゆり子様のようなオトナ可愛い女性、石川梨華様のようなオトナ可愛い女性、永作博美様のようなオトナ可愛い女性、そんな素敵な女性と楽しいひと時を過ごしたいと思いつつ、ぼっちで映画鑑賞です。
 
 月曜日は auのスマートパス会員だとTOHOシネマで映画が 1,100円で観られるので、珍しく月曜日が休みで映画館に行ったのですが、今日はTOHOシネマズデーとかで、auのスマートパス会員とか関係なく 1,100円で鑑賞できました。結果は同じですが、妙に損した気分…。


つづきは「こちら

 

拍手[0回]