忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

20100730-haganai-1.jpg 20100730-haganai-2.jpg
 
 僕は友達が少ない …いや、いきなり、そんなカミングアウトされても…って、ひかれているのかな? いまのオイラ。たしかに友達はいないに等しいので、そこらへんは否定できないけどね、もう40歳目前の毒男が、こんだけ毎晩とは言わないが、ネットで更新したりしているのだから、大勢の友達が居て、遊びに繰り出したり、飲食したりしていないのは容易に想像がつきそう、お仕事はしているので、一応週およそ5日は通勤もしていますが、基本形は引き篭もりに近いのかも? 前置きも中途の文章も終わりもまとまりなくダラダラ長くなる傾向なのは、オイラのいつもの悪い癖。
 5月、ゴールデンウィークが終わるちょっと前ぐらいから『1Q84』を読み始め、5月中に読み終わりたかったけど、なんか忙しいのに加え、BOOK3の途中から、もうひとつおもしろく感じられなくなってきたのもあって、結局6月終わり頃まで読み終わるのにかかってしまった、1Q84。まぁ、この本の感想文はその気になったらそのうち書くとして、通勤のお供になりそうな本を探していたりしていたのですが、ある方から、MJ文庫の“僕は友達が少ない⇒通称「はがない」”というのをお薦めしていただいたので、早速買って読んでみました。火曜日と水曜日が連休だったので、火曜日はちょっと半日用事がありましたが、とりあえず火曜日に買って、火曜日にちょこっと、水曜日に一気に読んで、1巻を読み終え、そのまま2巻も購入し、いま、2巻の出だしまで読んでいます。僕は友達が少ないなら通称「僕友(ぼくとも)」じゃないのかな? と、思っていたのですよ、お薦めされたときは…、でも1巻のあとがきを読んでわかりました。作者自身が「はがない」と称しているのですね、著者様には逆らえませんね。
 ストーリー関係の細かいことは、このブログ(またはホームページの日記ページ)を読めるならば、インターネットの検索で探せるでしょうから、カット… …というか、オイラ自身まだ1巻と2巻の出だし程度を読んだだけなので詳しく語れる程ではないのが実情。
 40歳手前のおっちゃんが、はがないを読んで『おもしろい!』とか感じてしまっている時点で、「オイラは、もしや軽い社会不適合者なのでは…?」と若干ビクッとしながらも、文字数は数えてないけど、きっと少ないでしょう、サクサクと読めてしまいます。読んでいて、おもしろいのですが、おもしろいのに心のどこかにサクッと何かが刺さったような気がするのは何故だろう…? どう考えても万人受けする作品とは思えないけど、20世紀の終わりごろ、中央競馬にハマリはじめ、その後ギャンブルにのめりこんで行ったとはいえ、「それぐらいでオタクを名乗るな」と言われる方もおられる程度かもしれませんが、20世紀時代はオタクだったオイラには、このテの小説を、割とスンナリ受け入れることが出来るようです。それにしても「美少女×残念=超残念」とか書いていた気がするが、残念な容姿で残念キャラは救われないかもしれないが、美少女×残念なら、まだなんとかなりそうな…、と、思うのは20世紀オタクの限界点なのだろうか?
 部活を作るまでの話など、どこか涼宮ハヒル…じゃなかった、涼宮ハルヒの憂鬱を思い出すのですが…、なんとなく似ている雰囲気を感じるのはオイラだけでは無い…はず…。 この僕は友達が少ない、通称はがないもアニメ化するのかな? まぁ、アニメ化しても、どうせUHF局の深夜でしょうから、DVDかBlue-raydiskでレンタルされるまで待ちそうだけど…。いまのところ、はがないはオイラのツボにハマッっています。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック