忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

 また六車奈々様のお話になりますが、一部のウェブログには書いたのですが、昨年12月23日に梅田WINSで有馬記念の予想トークショーがありまして、六車奈々様が出演ということで、昨年最後の休みに梅田WINSでガッツリと予想トークを見て(聞いて)きました。そのとき六車奈々様が藤原厩舎に行った際に、エイシンフラッシュをお薦めされたという情報を話してらしたのですが、オイラは買わずにハズレでした。まっ、それは今回のお話ではクローズアップしないのですが、そのトークショーが終わってから、六車奈々様の握手会が行われていました。最初、出口がえらく混雑しているので、何事かいな? と思いつつ、ボーッとオッズが表示されたモニターを眺めながら、有馬記念の予想をしていたオイラですが、長蛇の列の先頭に白い衣装を身にまとった美女がいらっしゃった。まっ、六車奈々様のことなんですけどね♪
 さっそく…といっても随分出遅れましたが、列の後ろに並びました。随分待っていて、前の方を見ると、六車奈々様と写真を撮っているうえにサインまでもらっている。色紙も持ってないし、サインを書いてもらえるものも持ってない。こんな素敵なイベントまであると知っていれば高級な色紙の一枚は用意してたのに…と、やや諦めぎみに並んでいたのですが、「あっ、そうだ!」と、先週阪神競馬場に行ったときにターフィーショップで優駿手帳を買ったことを思い出し、カバンをごそごそしたら、買ったばかりの優駿手帳をみつけた。そこの空白のページにサインをお願いしてみようと思い用意、小さいし断られても仕方ないなぁ…と思いつつ並び、少しずつ六車奈々様のところに近づいていきました。
 いよいよ次はオイラの番とドキドキして待っていると、スタッフがスッとやってきて、なにやら六車奈々様に話していらっしゃる…。トークショー終了後、もう30分以上経過していたと思うし、『まっ、まさかっ!もう時間がいっぱいでこれで終了といっているのかっ!?』 と思い、どんだけツキが無いんだ、オイラ…。と、残念感を味わいはじめていたのですが、時間打ち切りではなく、どうやらサインを書いていたときに、本日の日付もいれていらっしゃったのですが、その際〝2012年12月23日〟と書かれていたらしい。そのことは彼女が書いている『うまンティックが止まらない☆』で書かれていらっしゃいました ( 記事URL ⇒ http://ameblo.jp/rokusha/entry-11114907357.html ) 。
 そして、やっとオイラの番。「お待たせしました」とスマイルを向けられた、もう、頭の中が真っ白とまではいってなかったと思うかど、ドキドキに舞い上がってしまった。優駿手帳にサインを頂きました。「お名前は?」と聞かれ「しはん ( ※注1 ) です。」と伝えると、うえに『しはんさま』とハートマーク付で書いてもらいました。下の写真がそれです。

六車様のサイン
六車様のサイン

 ちゃんと日付のところが2011年で書かれております。そこで何か話したけれど、よく覚えてないなぁ…。サタうま!が終了で寂しいとかなんとか話していたと思うけど…、ほんでもって、写真撮影。夢のようツーショット写真を撮ってもらいました。嬉しさのあまり写真をアップしようかと思ったのですが、可愛い六車奈々様は良い…良過ぎるとして、その隣にたつボーッとした男 ( まわりくどく書いていますが、要するにオイラのこと ) の顔の筋肉の緩み具合とかがお恥ずかしいかぎりなので、イメージイラスト風に載せると、下のような感じの写真でした。

イメージイラスト
イメージイラスト

男の方の顔をモザイク処理も考えたけれど、犯罪者みたいで何かいやなので、イラスト風に…。少し離れて…といっても、かなり近い位置で並んでいたのですが、写真を撮るタイミングで、体をこちらに寄せてくれる…もうドキドキがマックス状態でした。余談ですが、いまでもこの写真を見るとちょっとドキドキします。いつかは隣に恋人の立っているツーショット写真が欲しいなぁ…とも思いますが…。
 まっ、いまさらですが、この日から一ヶ月が経ったんですね…。

 注1 … 実際にはハンドルネームではなく、本名を伝えましたので、モザイク部分は「しはん」ではなく自分の名前が書かれております。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック