忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

  いまさらオイラがここで書くまでもなく、伝説の新馬戦と呼ばれた2008年の秋にありました。その伝説の新馬戦で1着だったアンライバルドは皐月賞を勝 ち、3着だったブエナビスタは牝馬クラシックを制し(秋華賞はクラシック競走ではないので、牝馬クラシックは桜花賞と優駿牝馬(オークス)の2競走で す)、そのとき4着だったスリーロールスも菊花賞を勝ち、なんと同じ新馬戦で掲示板に載った5頭のうち3頭がクラシックレースを勝つという、まさに伝説と 呼ぶにふさわしい新馬戦と言えるでしょう。リーチザクラウン、その新馬戦で2着のあと、重賞勝ちはあるもののG1(級)競走はいまだ未勝利。しかし前走を 見る限り、この馬はマイルぐらいならいけそうな気はする。2009年クラシックを勝った3頭は、菊花賞馬のスリーロールスは引退、皐月賞馬、ダービー馬も パッとしないいま、期待はリーチザクラウンに集まりそう。前日オッズでは1番人気、単勝オッズ4.5倍というのは信頼度はいまいちみたいですが、それでも やや抜けた人気。最内枠がどう影響するかですが、頼みますアンカツ様っ! 対抗なんですが、内枠を本命にしたんで外枠を見たら、吉田豊騎手のすぐに隣、内には内田博幸騎手、外には後藤浩輝騎手。うひゃー…って感じ。今年重賞未勝 利だったのに先週は今年初の重賞勝利が東京優駿というダービージョッキーになったウチパクさんとトライアンフマーチのコンビも怖いけど、ダービー獲って2 週連続絶好調ってのもな…ってことで、ここはダービーで期待に応えられなかった岩田康誠騎手に期待。あとは横山典弘騎手のキャプテントゥーレか…。あっ、 人気馬ばっかり…。香港馬が着たら仕方ないと諦める…。

安田記念

◎01番:リーチザクラウン
○18番:エイシンフォワード
▲08番:キャプテントゥーレ
△15番:トライアンフマーチ

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック