忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

 どの色選ぶの? なんて聞かれるが、アッキーニャなら何色でもいいや…と思うのですがボートレース…舟券を買うとなると何色でもいいというわけにはまいりませんね。
 火曜日から住之江競艇場で今年最後のSG競走となる賞金王決定戦が行われますね。よく知らない方は、細かなことは各自で調べていただくとして、今年の11ヵ月の獲得賞金で上位12位までの選手が、優勝賞金1億円を目指して争うというもの…なのですが、他のSG競走と違って、ちょっと特殊で、その上位12名で争うのは、開催6日間のうちの後半4日間で、その4日間の最終から2つのレースで争われます。初日と2日目、そして、3日目から最終日の賞金王決定戦以外は、獲得賞金13位以下の上位選手による賞金王シリーズ戦というSG競走が繰り広げられます。
 例年、23日の祝日に最終日が来るように開催されていたのですが、今年はJRAの中山競馬場で行われる、日本で一番売れるレースと言われる有馬記念と同日に賞金王決定戦の優勝戦を設定してますね…。根性あるなぁ…。
 長々書いてしまいましたが、初日はシリーズ戦のドリーム戦が行われます。獲得賞金が13位から18位までの選手によるレースです。モーター性能の差などもあるのでしょうが、選手の実力差は拮抗していると思います。悪いモーターをひいた選手がこの6名の中に居るのかはわかりませんが、そもそも賞金王決定戦に出場する12名に良いモーターは渡ってしまうので、エース機と呼ばれるほどのモーターは無いはず。とにかく住之江競艇場は1コースの強さが際立つレース場なので、賞金王決定戦ともなれば、1日の1着が全部1号艇という日があったとしても驚けない…、ま、まぁ、少しは驚くかもしれませんが…。ただ1号艇が必ず1コースを獲るというものでもないのですが、ドリームレースは枠なり3対3を予想。順当な予想もしたいけど、まず1号艇は1着固定で、2着はおそらくダッシュ勢となるであろう4、5、6号艇に流すのも面白いかも?

   賞金王決定戦 賞金王シリーズ戦 - 12レース・ドリーム戦 -
◎1号艇:赤岩善生
○6号艇:魚谷智之
△4号艇:原田幸哉

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック