忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
4 6
13
17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


 日曜日は朝早い、さっきも競馬の予想の前に書きましたが、眞鍋かをり様のような素敵な女性、カトパンこと加藤綾子アナのような才色兼備な女性、リア・ディゾン ( Leah Dizon ) 様のような国際的な美女、永作博美様のようなオトナ可愛い女性…。そんな素敵な用なら1日ぐらいなら徹夜明けでも期待に胸も股間も膨らませて元気なんですが、けっこう行かなくてよいなら行きたくない用なもんで…。夜更かししてるのも現実逃避かもしれません。ラピュタ☆
 
 競馬に比べるとほとんどブログ等に予想をアップしなくなってしまったボートレース。でも舟券はキッチリ購入してるんですよね、もっともインターネット投票ばっかりでボートレース場やボートピアに行くことは稀になってしまいましたが…。
 ボートレース尼崎はオイラが余裕で日帰りで朝の1レースから最終レースまで居続けることができるボートレース場なんですが、結局このSG開催中一度も足を運ばなかったな…。日曜日もたぶん行けないでしょう…。
 ドリームレースは予想をアップするのをスッカリ忘れてました。まったくSG競走の予想だけでもアップしとかんと、ボートレースに関するカテゴリーが廃れる……。土曜日は準優勝戦が行われていましたね。天候も良いし風も比較的穏やかで陽が差すと暑いぐらいに感じるほど。準優勝戦はさぞかし1号艇がイン逃げを決めただろうな…と思っていたら、1つを除いて1号艇負けてるし…。大損…。優勝戦のメンバーを見ると、かつてのSG競走の常連達と比べるとちょいと若手が目立っているような…。ボートレース界もそろそろ世代交代の時期なのかもしれませんね。今年は予想は難しいけれどレースを見る分には面白い…という機会がSG競走で増えるかもしれませんね。なんか2日目あたりまででフライングも多かったらしいけど…、今回の尼崎。
 優勝戦は6人の中で一番の若手が1号艇で登場。準優勝戦で唯一1号艇で勝ったしここは素直に信頼。

 ボートレースクラシック 優勝戦
◎1号艇:桐生順平
○2号艇:毒島誠
△6号艇:石野貴之
 

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック