忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

  火曜日はTOHOシネマズ会員なら、TOHOシネマズで1,300円で映画鑑賞が出来るので、ちょっくら行きました。観たのは、あたしのジョー…じゃなかった、あしたのジョーです。もう誕生日目前で、今年に40歳の大台になるというのに、たまの休みのフリーな時間に、一人寂しく映画鑑賞しているオイラのあしたはどっだ…。まぁ湿っぽい話はこれぐらいにして、例によって例のごとくムービーウォーカーからストーリーを抜粋すると…。

昭和40年代、東京の下町で殺伐とした生活を送る矢吹丈(山下智久)は、その天性の身のこなしから、元ボクサー・丹下段平(香川照之)にボクサーとしての センスを見出される。ところが、問題を起こしたジョーは少年院へ。そこでジョーは、チャンピオンレベルの力を持つプロボクサー・力石徹(伊勢谷友介)と運 命の出会いを果たし、ふたりは反目しながらも互いの力を認め、ライバルとして惹かれ合うようになっていく。一足先に少年院を出た力石は、財閥の令嬢・白木 葉子(香里奈)の支援による恵まれた環境のなか連戦連勝。圧倒的な強さでエリート街道をひた走る。一方のジョーは、橋の下のオンボロジムで段平と二人三脚 の特訓。野性むき出しで“クロスカウンターパンチ”を得意とする人気ボクサーとなる。やがて力石は世界タイトルに手が届くところまで上り詰めるが、世界戦 の前にジョーとの決着を望み、葉子を困惑させる。そしてジョーも、段平に力石戦実現を強く求めるのであった。しかし、ふたりの間には、そのキャリア、実力 の差もさることながら、ボクシングでは決定的となるウエイトの差もあった。対決を妨げる壁は、厚く、高かったが、認めあうふたりは命を削り、これを乗り越 える。そして、運命の日。場所はボクシングの聖地・後楽園ホール。ふたりは宿命のリングに上がる……。

…と、いう 感じ。まぁ、あまりにも有名な漫画ですし、オイラも20世紀のアニメか何かで、特番なんかであしたのジョーが出てくるときは、ジョーと力石の対戦、握手を するときに力石が倒れるシーンばかり映すので、あまりにも有名なシーンはわかっていたのですが、観たら、やっぱり熱くなれました。あのボディーはCGとか ではないでしょうから、俳優さんの凄さも思い知った作品です。いま日本は強いボクサーが登場している時ですし、ある意味タイムリーな映画なのかもしれませ ん。  

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
 曽利文彦監督映画『あしたのジョー』を、アタシは公開初日に劇場で楽しんできました。  楽しんできたけれど、この映画、アタシは惜しいと思う。  「熱血ボクシング映画」としては
2011/02/18(金) 14:10 |  Drupal.cre.jp
[あしたのジョー] ブログ村キーワード  あの名作漫画、41年ぶり2度目の実写映画化!「あしたのジョー」(東宝)。さすがに前回の映画化は、吾輩知りませんわ。しっかし「ヤマト」と言い、この映画と言い、TBSさんは、よっぽど地雷を踏むのがお好きなようで…(^^;。  孤児として育った矢吹丈(山下智久)は、“ドヤ街”で日々荒んだ生活を送っていた。或る日、めし屋で偶然出会った元ボクサーの丹下段平(香川照之)に、ボクサーとしての素質を見出されるも、度重なるケンカ沙汰から少年院へと送られる。そこで丈は、プ...
2011/02/22(火) 18:42 |  シネマ親父の“日々是妄言”
 ある疑問を抱えて、私は映画『あしたのジョー』を観に行ったのだが、まずは本作の作り手にお詫びしなければならない。  私は2011年公開のこの映画を観て、「見事なCGIだなぁ」と思っていた。減量に減量を...
2011/04/02(土) 14:55 |  映画のブログ