忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

 映画を観ました。昨年の本屋大賞を受賞した作品の映画化、舟を編むを観ました。本は読んでいなかったので、実はストーリーはサッパリ知らなかったんですよね。なんでも辞書を作るお話ってことで、一昨年の本屋大賞の天地明察のように、昔話なんかと思ってたぐらいです。もちろん違いました。ストーリーをムービーウォーカーから抜粋すると…
 
 玄武書房という出版社の営業部に勤める馬締光也(松田龍平)は、真面目すぎて職場で少々浮いている。しかし言葉に対する卓越したセンスを持ち合わせている ことが評価され、新しい辞書『大渡海(だいとかい)』の編纂を進める辞書編集部に異動となる。今を生きる辞書を目指している『大渡海(だいとかい)』は見 出し語が24万語という大規模なもの。曲者ぞろいの辞書編集部の中で、馬締は作業にのめり込む。ある日、ひょんなことから知り合った女性(宮崎あおい)に 一目で恋に落ちた馬締。なんとかして自分の思いを彼女に伝えたいが、なかなかふさわしい言葉が出てこず苦悩する。そんな中、会社の方針が変わり、『大渡 海』の完成に暗雲がたちこめる……。
 
…というもの。ちょっと退屈なところもありつつも、派手なシーンはまったくないけど、まぁ、おもしろい作品でした。あれ? 大島さん出てる? と思ったら池脇千鶴様でした、ほんまもんを思い出して、宮﨑あおい様と並んで料理作ってほしかったな…、とか、ふと思った。
 映画の感想としては、先に書いたように、ちょっとたいくつ感もあるんですが、個人的には、ちょっぴり小っ恥ずかしくなるぬるい恋愛ものが好きなので、馬締の不器用な恋愛も悪くなかった。
 
 現実の結婚生活ではバツがついてしまった宮﨑あおい様ですが、先に書いた天地明察や神様のカルテなんかの影響もあって、けっこう自分をシッカリ持ちつつ、優しく夫を支えてくれる妻なイメージがついてしまった。
 
 辞書、改訂版と違い、1から作るというのは、長い長い時間と手間のかかるものなんですね。



公式サイトは、コチラです。


拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック