忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

 関東では金曜日のゴールデンタイムに放送されていたそうですが、関西では何故か土曜日の夕方という時間帯にやっていたこともあって、見逃すことも多かった翔んだカップルというドラマ。たしかマンガが原作で映画が先にあったと思いますが、映画がシリアスだったのに比べ、このドラマの翔んだカップルはバラエティー色が強いドラマでした。そのdフォラマで、いまでいうとルームシェアみたいな感じになるのかな? ドラマは良く覚えていませんが映画では不動産屋の手違いで男と女に部屋を提供してしまい、半同棲生活をするようになったヒロインの圭ちゃん役を務めたのが桂木文様です。このドラマの印象が強く残り過ぎてしまい、他の作品での桂木文様の印象があんまり残っていないのでありました。
 結婚されたけどすぐ離婚したり、ヌードだったかセミヌードだったか写真を発表されたり、やや波乱万丈だった芸能界生活だったみたいですね。いまは芸能界から身をひかれたらしいので、いまの桂木文様がどんな感じかはわかりませんが…。
 で、翔んだカップルというドラマですが、第何話からか覚えてませんが、エンディングが終わったあと突然NG集とか始まったときは、「えっ!? 何これ??」と衝撃だったのを微かに覚えております。2週に1度ぐらいから、いつの間にやら毎週のように流されるNG集…。このドラマ、何気に後のテレビドラマやバラエティー番組に影響を残したと思います。
 当時、オイラは小学生…いや、中学生だったと思いますが、日本一可愛いと思っていたわりにはずっと桂木文様のことを「かつらぎふみ」様だと誤認しておりました。最終回で最後に出演者が感動の挨拶をしているときに、先生役の佐藤B作様が「かつらぎあや」と呼んだときに、「あやだったんだ…」と思ったものです。たぶんうる星やつらのラムの声優さんが平野文様で「ひらのふみ」という名だったので「かつらぎふみ」と何の疑問もなく読んだんだと思います。
 翔んだカップルのエンディングの僕等のダイアリーは好きな曲です。ようつべ動画になかったので、ニコニコ動画を貼っておきます。




NGも可愛らしい 桂木文さまっ
NGでも可愛らしい 桂木文さまっ


 なんとなく、勝手に美しい思い出になっているので、美しく年齢を重ねられていると嬉しいな。もしも、「あの人はいま…」なんていうので登場することがあっても、このドラマの圭ちゃんのイメージが壊れないことを祈っています。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック