忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


 新幹線も長旅だと疲れますね。 石田ゆり子 様のようなオトナ可愛い美女、 永作博美 様のようなオトナ可愛い美女、 吉瀬美智子 様のような艶っぽい美女、 石川梨華 様のような可愛く色っぽい美女、そんな素敵な女性と一緒の楽しい旅なら疲れないんでしょうけどね。


< !-- はじめに ( ちょっと蛇足ですが… ) -->


 新潟競馬場は、公共の交通機関を利用して行くのは不便なようです。オイラもそういう話は聞いたことがあるので、新潟競馬場に行く前に、ネットで「 新潟競馬場 新潟駅 」で検索したりしました。JRAのサイトや新潟交通のサイト以外に個人のブログがいくつかヒットしました。それらの記事を参考にさせていただきました。もしかしたら、オイラと同じで『 新潟競馬場 新潟駅 』などの検索で、このブログにヒットした方もいらっしゃるかもしれません。そういう方の参考にばれば幸いです。
 いろいろサイトやブログを見ましたが、一応、新潟競馬場の最寄り駅というと JRの白新線の「豊栄」という駅のようですが、グーグル先生で調べると、徒歩で1時間以上かかるようです。


ルート検索
豊栄駅から新潟競馬場までの徒歩ルート


 ちょっと豊栄駅から歩いて行こうとは思えませんね。一応直通バスが豊栄駅から新潟競馬場まで出ているようですが、朝に1本だけのようです。帰りも新潟競馬場から豊栄駅までの直通バスが1本だけ。地元の方、白新線沿線にお住まいの方はともかく、オイラのように新幹線を利用して新潟駅まで行った人は、そこから乗り換えて豊栄駅に行くよりも新潟駅から発車している直通バスに乗る方を断線お薦めいたします。
 なお、蛇足の最後に追記しておきますが、この記事は 2017年8月20日の日曜日に実際に自分自身が新潟駅から新潟競馬場に行ったときの体験を元に書いております。あなたが読まれている時点では過去の記事ですので、内容が異なっている場合があるかもしれません。そこはご容赦ください。



20170820_新潟競馬
2017年8月20日 新潟競馬



< !-- 本編 -->


 新潟競馬場は、駅から離れた位置にあり、公共の交通機関を利用して行くには不便な競馬場ですが、車などを持っていなくて新幹線などで遠征するオイラのような人は公共の交通機関を頼るしかありません。タクシーを利用すると高いですしね。わかりにくいですが、上の蛇足で書いたはじめに…の最後にレーシングプログラムに載っていた新潟駅から新潟競馬場の直行バスの時刻表の写真を載せてみました。ちょっとわかりにくいですが…。クリックするともう少し大きな画像が見られるはずです…。新潟競馬場行きのバスは、だいたい20分間隔で発車しているようですが、13時が最終です。メーンレースだけ見られればいいという日とでも、のんびりしているとバスがなくなりますのでご注意を。
 JRの新潟駅では「万代口」と「南口」と出口が2つあるようですが、「南口」の方を出ます。駅を出て少し行ったところに左手側に PLAKA1 、正面側に PLAKA2 という建物があります。 PLAKA2 という建物の前に臨時のバス停留所が3つぐらいあります。そのうちの1つが新潟駅行の直行バス乗り場です。


20170820_新潟駅バス乗り場
2017年8月20日 新潟駅前新潟競馬場行きバス乗り場



 バスは片道570円ですが、バス停の近くに係りの人というのでしょうか? オイラが行った時は3人でしたが人がいて、その人に言うと、往復1,000円のチケットを買えるので、「帰りは儲かるからタクシーだ」とかいう方は別として、往復チケットを買っておいた方がお得です。往復チケットは真ん中にミシン目というのでしょうか…がはいっていて、ちぎれるようになっているので、行くときは半券だけを運賃箱にいれましょう。誤ってちぎらずにいれると片道1,000円になってしまいますよ…。バスお金は先払いです。りゅーとという新潟交通のICカードの他、Suicaも使えるようですが、その他の交通系ICカードで支払えるかは不明です。
 
 参考の所要時間は35分となっていました。ブログによっては40分以上かかることもある…と書いてありましたが、オイラは13時のバスに乗りましたが13時30分には新潟競馬場に入場していたので、バスの所要時間は25分ほどでした。ちょっと道が混んでいたら1時間以上かかるんじゃないか? と心配していましたので、案外早くついて寧ろビックリしました。
 バスは新潟競馬場の入り口のすぐ近くに停まりました。帰りの乗り口は少し先にある1番の停留所です。行先案内のボードがあるので迷うことはないと思いますが、心配な方はそれほど遠いわけではないので、入場する前に確認していてもいいかもしれませんね。ちなみに帰りはバイパスの一部区間で車線規制があって行きと違い少し遅くなりましたが、それでも35分かからなかったと思います。ただ帰りは15時55分というバスでメーンレースを見てすぐ帰ったような感じでしたので、最終レースまで見て16時30分以降のバスなどだと、もしかしたら混んでいるのかもしれません。
 
 帰りは儲かったらタクシーで豪遊だ…などと思っておりましたが、残念ながら儲からなかったし往復のバスチケットを買っていたしでタクシーを利用しなかったのでタクシー代はわかりませんが、一応いろいろな方のブログやヤフー知恵袋、教えてgooなどを見ると5,000円程度らしいですが…。こればかりは推測です。タクシーって滅多に乗らないので25分ぐらいでいくらかかるとか、自分では検討がつかないんですよね。
 
 ちなみに、直通バスは13時で終わりですが、直通じゃないバスが万代口の方から出ているようです。ただオイラは利用していないのでわかりません。これも蛇足ですかね。
 
 バスは行きは最終だったので混んでいるかな…と心配しましたが、十分座れました。帰りは座れませんでしたが、そんなに混んでるというまでではなかったと思います。もちろん時間帯で変わるのでしょうが。
 くわえて、この日 ( 2017年8月20日 ) はウインズデーとかで非開催の競馬場のパークウインズを含め、各地のWINSでイベントやプレゼントなどの企画が催されていたし、札幌競馬と小倉競馬でサマーシリーズの重賞が行われていたのに新潟競馬場は重賞が行われなかったということもあって、日曜日にしては空いてる日だったのかもしれません。
 
 ちょっと中途半端というかわかりにくいところもあるとは思いますが、公共の交通機関で新潟競馬場に行くなら、新潟駅から直行バスが一番いいと思うというお話しでした。
 
 

以上です。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック