忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
2
16
23 24 25
26 27 28 29 30


 石田ゆり子 様のようなオトナ可愛い美女、 石川梨華 様のような可愛く色っぽい美女、 川口春奈 様のような可愛い娘、そんな素敵な女性と楽しい旅がしたい…と、まず妄想しつつ旅行記書こうっと…。 ラピュタ☆
 
 青春18きっぷ、今夏もようやく5回使いました。最後に行ったのは浜松です。元々、3月ぐらいまでしか見てないのですが、おんな城主直虎を見てたこともあって、今年は浜松に鰻でも食いに行くかぁー…と思っていたのですが、競馬で大負けして、なんか鰻を食べる気力も失せて…。更に、今年は青春18きっぷを使うのが8月過ぎと大分おそくなってしまったこともあって、使いきれるかな? と心配もしていましたが、堪能いたしました青春18きっぷ…。まぁ7月の大負けは取り戻せてはいないものの、その後それなりに収入もあったし、他に行くところも思い浮かばなかったので、変なところで初志貫徹を行うことにしました。なんのこっちゃ。相変わらずわかりにくい前置きですいません。
 
 なんか色々書きたいネタもあったのですが、しんどいし、Part1や2やと分けるほどの話もないので、簡単に書きます。一応サイトでザックリと調べましたが、もうメモとかとることもなく、新大阪駅から快速に乗って米原駅、そこから普通で大垣駅、そして快速だったか新快速だったか忘れましたが豊橋駅まで、そして普通で浜松駅に。7時15分頃の列車で新大阪駅を出て12時15分頃に到着だから片道5時間かぁ、ちょっとしんどいけれど、半分以上の区間で座れたのが救いですね。改札を出るとおんな城主直虎を推していましたよ。


浜松
浜松


 さらに駅の構内から出ると…


浜松


 う~ん、いま、おんな城主直虎がどういう展開になっているのかわかりませんが、やはりテレビの影響力はなんだかんだいっても、まだまだ凄いですね。
 まっ、目的である鰻を食べようと駅の周辺をグルッと周りました。吉野家とすき家も見つけましたが、ここまで来て牛丼チェーンの鰻を食べるのも悲しいので、他店を探すと、一応2店舗見かけました。


浜松
20170906_浜松_1943


 八百徳というお店と丸浜というお店が駅の割と近くにありました。結局グルッと駅周辺を一周し終えてその場所から近いという理由で丸浜というお店に行きました。ランチタイムなので混んでいましたが、一人なので空いてるカウンターに案内されすぐ席に着くことができました。うな重が松、竹、梅とありましたが、安い梅でいいかな…と思い注文しようとしたら、ランチタイム限定でさらに安いうな丼があったので、それを注文しました。せっかく遠出したのに、いいもの食べずに一番安いの注文するとは…。
 うな重は、うな重とお漬物と肝吸いのセットで梅が2,300円でした。竹と松は覚えていません。うな丼は1,680円でうな丼と漬物がついていました。肝吸いは別売りで250円でしたが、オイラはお吸い物はともかく肝は苦手なので肝吸いは無しで頼みました。


浜松のうな丼


 注文したうな丼が来ました。


浜松のうな丼


 ふたを開けると、当たり前ですがうな丼が…。う~ん、別にインスタグラムをやってないオイラですが、こうして写真を撮るとけちらずにうな重の方が良かったかな? とも思いましたが、まぁ、それでもうな丼でも十分美味しそうです。普段安っぽいうな丼を食べるときはあまり振らないのですが、ちょっとだけ山椒も振ってみました。


浜松のうな丼


 量が少な目なので山椒を振ったのがよくわからないですね、写真を見ても。で、心の中で「いただきます。」と言い食べました。
 正直言うとうなぎが大好物かといえば、そこまで大好きではないのですが、美味しかったです。浜名湖の鰻のうな丼。せっかく雰囲気のあるお店なのに、一人で黙々と食べてすぐに完食しました。


浜松のうな丼


 ちなみに500円でお酒もメニューにあったのでちょっと悩みましたが、帰りも長旅なので、我慢、我慢。
 
 店を後にして、鰻の店を探すとき駅周辺を歩いていたときに浜松科学館という気になる案内標識があったので、ちょっと行くことにしました。
 

浜松


 案内の標識に従って進むと、また案内板があって、最初に駅の近くで見かけた案内標識から歩いて10分ほどかな? 到着しました。中に入ると14時からプラネタリウムの投影も行われるようでした。「プラネタリウムがあるのか…」と心動かされましたが、14時からだと終わるのが15時の10分前とかだろうな…。帰るのが遅くなるなぁ…。と、短時間ですが葛藤の末、諦めました。しかし、帰りの列車で、「1時間ぐらい遅くなっても大丈夫だったかな。浜松科学館のプラネタリウムってどんな感じだったのだろう…。」気になって、気になって…。ちょっと…、いや、結構な後悔でしたが、まぁ仕方が無いですね。ご縁がありましたら浜松科学館のプラネタリウムを観る機会も訪れるかな…、と強引にまとめて諦めをつけることにします。
 
 で、結局、他に目ぼしいところもなくすぐさま列車に乗って帰路につきました。本当に今回は鰻を食べに来ただけみたいな旅行になってしまいましたが、オイラの青春18きっぷ旅行って、ほとんどの場合は時間がなく朝食べて大阪に戻ってきて夜ごはんを食べるまで、お茶や缶コーヒーを飲むだけという旅行に陥るのですが、食をメーンにした、ちょっと珍しい旅行になりました。
 
 オイラは今の仕事を続けているうちは、冬の青春18きっぷは、ほぼ利用する機会がないので、購入する気さえおきないので、今年の青春18きっぷもこれで終わりです。無理矢理なお出かけもありましたが、そもそも青春18きっぷを買っていなければ、まず行くことが無いところに行ったので、充実できたかな、青春18きっぷ…。
 

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック