忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2
8 9 10 11 12
18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 今度の週末はジャパンカップというG1レースが行われますが、もうひとつ、ワールドスーパージョッキーズシリーズ(以下、WSJSと略します)が行われますね。このWSJS、日本の騎手と海外の騎手がだいたい半々…実際には海外の騎手がわずかに多いのかな…。JRAの騎手に地方から参戦の騎手を1名加えた日本とヨーロッパが多いけど、オーストラリアや香港、北米などから参戦の騎手の海外勢との対決のレースです。今年は北米からは参戦ないのか…、あれ?北米って参戦ないのかな?
 もともと阪神競馬場で毎年開催されていたのですが、一昨年だったかなぁ、東京競馬場で開催されて、関東と関西で毎年交互に開催しようとかなったんですよね。今年は関東で、東京競馬場でジャパンカップが行われる日に設定されましたね。昔はJRAから5人、地方1人、海外はいまと変わらず8人で、計14人の騎手で争われていたのですが、JRAが夏競馬に有力馬が集まらない、売り上げも伸びないということで、何年か前からサマーシリーズというのを設けて、そのサマーシリーズの優勝騎手をWSJSに出場させるということを行うようになってから、15人になりました。ちなみに海外の騎手の選出方法は不明なのですが、地方所属騎手はWSJSのようなポイントレースがあって、各競馬場で活躍するリーディング騎手がいくつかのレースで争い、ポイント上位1名のみが出場できます。毎年思うのですが、東京競馬場でも阪神競馬場でも、ダートでも16頭出走できるんだし、地方から2名選出しても良いのでは? と思うんだけどなぁ。まぁ、4つのレースの馬集めも大変なのかもしれませんが…。で、JRAの所属騎手の選出は、関東と関西の騎手のある時点でのリーーディング上位2名が選ばれます。この4人に加えてJRAが今年活躍した選手を特別枠で1名選出、加えて先に書いたサマーシリーズの獲得ポイント1位の騎手が選ばれます。ちなみに特別枠は、昨年ならオルフェーヴルで三冠を達成した池添謙一騎手だったし一昨年はアパパネで牝馬三冠を達成した蛯名正義騎手でした。今年はジェンティルドンナが牝馬三冠を達成してけど、岩田康誠騎手は優駿牝馬に騎乗していないので、当然特別出場の対象にならなかったので、JRAの通算2,000勝を達成した柴田善臣騎手が選ばれました。関東からは、蛯名正義騎手、内田博幸騎手、柴田善臣騎手。関西からは、浜中俊騎手、岩田康誠騎手、池添謙一騎手が選ばれました。浜中俊騎手は初参戦ですね。
 で、ちょっと注目は、ミルコデムーロ騎手かもしれませんね。天皇賞(秋)をエイシンフラッシュで勝ったのですが、短期免許が18日で切れるために「ジャパンカップでエイシンフラッシュに乗れない」と嘆いていたそうですが、このWSJSの招待騎手だとあの時点でわかっていれば、デムーロ騎手乗れたのにね…。でも、ダークシャソーにデムーロ騎手は乗るようになったそうですね。
 ヱヴァンゲリヲンとのコラボCMで、唯一アニメで登場する武豊騎手は、かつてはWSJSの常連でしたけどね…時の流れを感じる…。でも、エヴァとのコラボって、何だったんでしょうね? CMもミサトの声だけで、別にレイもアスカもシンジも競馬とは無縁だし…。まぁ未成年なうえに生徒(あっ、新作のQでは違うのか…)だから、当然馬券は買えないんでしょうけど…。競馬の入場行進曲がエヴァンゲリオンの曲でなんかイメージが狂うとか、評判は悪かったような? スマートフォンか何かではコラボ企画をやっていたのでしょうかね?
 ちょっと話それましたが、ジャパンカップとともに、楽しみなWSJSなのです。それはそうと、今年のジャパンカップは10レースではなく11レースなのですね。最終レースなんだ…。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック