忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

  第2回こそ荒れたものの、第3回以降は1番人気の馬が連対。第1回は2番人気と3番人気のワンツーで、そんなに極端に荒れるレースではなさそう。ただし 1番人気が勝てば2番人気が、2番人気が勝てば1番人気が馬券に絡まないのは気がかりなデータかも? とはいえ、今年でまだ6回目、そろそろガチガチの決着もありそう。前日オッズを見る前から一騎打ちムードと揶揄されていましたが、前日オッズを見ると単勝 オッズが3桁配当はブエナビスタとアパパネの2頭のみ。複勝の最少オッズも1.1倍と1倍台はこの2頭のみ。オッズだけならこの2頭で決着と見るのが妥当 ですが、昨年もレッドディザイアと2強と言われながらブエナビスタの強さとは対照的に馬群でもがいた(?)レッドディザイア…。アパパネは大丈夫か?
…オイラの本命はブエナビスタにしたいところですが、アパパネです。なんといっても年間G1予想大会で指名したお馬さんですから…。スティルインラブに次 ぐ牝馬三冠馬ですが、スティルインラブと決定的に違うのは阪神JFも優勝していること。現在国内で牝馬限定G1レースは6つありますが、アパパネは史上初 の牝馬限定G1完全制覇を狙える馬なので、ここは期待。もっとも引退さえしなければ、ヴィクトリアマイルもエリザベス女王杯も来年以降チャンスがあります が…。ブエナビスタは現役の中では国内最強牝馬と言っても異論を唱える方は少ないでしょう。前走海外で敗れたものの、国内では3着を外したことのないお馬 さん。ただ今回は初コンビとなる岩田康誠騎手で臨む、ジャパンカップや安田記念を勝っているので東京競馬場が鬼門とは言えなくなったし、昨年はヴィクト ワールピサで1番人気で皐月賞で勝っているので1番人気の岩田騎手は買いにくいとも言えないけれど、アドマイヤムーンで勝った天皇賞(春)と地方所属時代 のデルタブルースで勝った菊花賞を除けば、岩田康誠騎手のG1の勝ちパターンはイン強襲の先行抜け出しのイメージ…。今週からBコース使用で内が簡単に開 くとも思えないけど、外回しで届くかな?
この2頭以外は、どの馬もピンとこないけれど、ワイルドラズベリー、アニメイトバイオ、エーシンリターンズといったローズS1~3着組が怖いかな…。牡馬は強い4歳世代。果たして牝馬はどうでしょう?

ヴィクトリアマイル

◎16番:アパパネ
○13番:ブエナビスタ
▲01番:ワイルドラズベリー
△11番:エーシンリターンズ
  

拍手[1回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック