忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2
8 9 10 11 12
18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 今週はG1競走が東京競馬場で開催されますが、それは明日に予想するとして、土曜日に行われるダイヤモンドステークスの予想をしましょう。
 JRAには、ガーネットステークスやトパーズステークスなどがありますが、このダイヤモンドステークスは4月でもないのに、なんでこの名前? 昔は4月に行われていたのかな? と、ちょっと疑問を持ちつつも、予想にはまったく関係ないので話を進めます。
 ダイヤモンドステークスは3400メートルという長距離でハンデ戦。個人的には昨年ほど人気薄が勝つのは稀ですが、1番人気は2着か3着までで、1着には3番手以下の評価をされているような伏兵が優勝するイメージで、また、このレースの優勝馬は、同年の天皇賞(春)で4着以下に敗れるというイメージなので、長距離をこなせて、なおかつ天皇賞(春)で取りこぼしそうな馬が狙い目という印象。
 久しぶりに日本人騎手、蛯名正義騎手ですが、日本人騎手に手綱が戻るフォゲッタブルに期待したいものの、この馬には正直言うと天皇賞(春)じゃなくてもいいけど、どこかでG1を勝って欲しいな…、と、思う馬なので、ここで勝つと…、という不安もありますが、でも、本命にしちゃいます。そんな蛯名正義騎手が前走で勝利に導いた馬には、ビュイック騎手が乗りますね。この騎手は先週クイーンCを勝って、ようやく東京競馬場のコツを掴んだのかもしれませんね。侮れないので対抗。今年、ちょっと勢いが微妙な内田博幸騎手のアドマイヤラクティは、AJCCで期待したものの3着止まりでしたが、もう一度期待。あとは1枠に吉田兄弟がいるけど、弟のサクセスパシュートは前走勝って勢いがついてるかも? 武騎手のメイショウカドマツはどうでしょう? 武騎手の逃げ切りは…厳しそう…。

   ダイヤモンドステークス
◎05番:フォゲッタブル
○04番:ノーステア
▲15番:アドマイヤラクティ
△02番:サクセスパシュート


 

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック