忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

 10月10日が体育の日なのは何年ぶりだろう? と、どうでもいいことから入りましたが、毎年、盛岡競馬場で行われていたマイルチャンピオンシップ南部杯という、統一ダートグレード競走(Jpn1)が、今年は東京競馬場で開催されるとのことで、東京競馬場のみ3日連続開催となりました。しかもWIN5の発売もあるそうですね、どこまでがめついんだ、JRA…。
 盛岡競馬場も再開してるんですけどね、でも、JRA主催でやった方が明らかに売り上げは増えますね。東京競馬場で開催ということで、例年とはかってが違って、JRA馬が多い…要は地方馬が少ないわけです。東京競馬場のダートの1,600メートルは、スタートして少しの間、芝コースなので、地方馬には不利とも言われています。まぁ、それはともかく、今年のフェブラリーステークスの優勝馬のトランセンドと昨年のフェブラリーステークスの優勝馬のエスポワールシチー、昇り馬のランフォルセとダノンカモンとどれを本命にするか迷ったのですが、前日オッズを見ると、トランセンドが抜けた人気なので、この馬を本命にします。今回のタイトルもトランセンドを本命を意識したものですから、ウェブサイトの日記はタイトルにもタグを使っているからいいのですが、ブログはタイトルにタグをつけることができないので、わかりにくいタイトルになってしまったかな…。
 ドバイでの2着は素晴らしかったけど、久々なのと海外帰りの初戦なので割引が必要かと思っていたのですが、こんな抜けた人気には驚いた。三連単なんてトランセンドが2着までに入らなければ前日オッズでは万馬券ですからね。エスポワールシチーが2番人気ですが、鞍上が松岡正海騎手に一抹の不安が…。リーディングトップの福永祐一騎手のダノンカモンか、横山典弘騎手のランフォルセの方が期待できそうですが…? でも、強いよなぁ、エスポワールシチーもきっと。

   マイルチャンピオンシップ南部杯
◎11番:トランセンド
○07番:エスポワールシチー
▲06番:ダノンカモン
△05番:ランフォルセ


 人気上位馬ばかりの、つまらない予想かな?

 

マイルチャンピオンシップ南部杯 前日オッズ
マイルチャンピオンシップ南部杯 前日オッズ

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック