忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
2
6 7
10 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


 長かった東京競馬場の開催、そしてG1で盛り上がった阪神競馬場の開催が終了し、夏競馬モードへ。新潟、小倉開催の前に、福島と中京の開催ですね。土曜日はオープン特別が1つもありませんでしたが、日曜日は函館のメーンも含めてオープン特別が3つ。うち重賞が2つですね。
 福島競馬場で行われるラジオNIKKEI賞は、3歳限定のハンデ戦。3歳限定の重賞競走のハンデ戦なんて、このレースぐらいなんじゃないの? と思いますが…。同年齢馬、しかも、だいたい東京優駿や皐月賞、NHKマイルカップといったG1に出られなかった馬が集まるようで、1番人気馬やトップハンデの馬は勝ち切れないレース。昨年がやたら荒れたので、荒れるイメージがありましたが、1番人気も勝ちこそ逃していますが、2着や3着には来ることもあり、実はそんなに荒れていないレースのようですね。そんなわけで、それなりに人気のラリングクライに期待します。戸崎圭太騎手と堀宣行調教師のコンビだし、ハーツクライ産駒ですし…。
 中京競馬場で行われるCBC賞は、高松宮記念と同じ舞台で、高松宮記念で好走した馬が活躍することが多いそうです。今年は高松宮記念から直行で出走は、マヤノリュウジンのみなので、不安ながらこの馬を本命にします。このレースは斤量が重い馬が活躍するそうですが、3歳牝馬なら52kgでも軽い…とはならないでしょうし、逃げきれそうなベルカントも怖いけど…人気だしなぁ…。
 
   ラジオNIKKEI賞
◎11番:ラリングクライ
○04番:クラリティシチー
▲13番:ピオネロ
△08番:ブレイヴリー
   CBC賞
◎12番:マヤノリュウジン
〇07番:ベルカント
▲08番:エピセアローム
△03番:ルナフォンターナ
 

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック