忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

  前置きに書くと、いい加減「うざぁー」とか言われそうですが、オイラはしょっちゅう「可愛い」だの「美しい」だのと、女優様はじめ、素敵な女性を見ると、しゅっちゅうそんなことばっかり書いておりますが、そんな中でもオイラの中で、ひときわお気に入りの女性タレントが3人います。一人目は、六車奈々様。しょっちゅう書いているから、すっかり御存知でしょう。二人目は元TBSのアナウンサーでいまはフリーの小林麻耶様です。フリーとはいえアナウンサーなので、タレントと言い切ってしまうのは微妙な感じがしますが…。そして、もう一人が優木まおみ様です。オイラが競艇を始めた頃…というか、テレボート会員になって、しばらくはほとんどインターネットでも舟券を買っていなかった時期が続きましたが、ちょうどCMがチューブから小柳ゆき様に変わった頃、住之江競艇場や尼崎競艇場に時々赴き、舟券を買うようになり、時を同じくしてインターネット投票も頻繁に利用するようになりました、先に書いた優木まおみ様は、ちょうどその頃、競艇のイメージガールを務めておられて、そのときに『すっごい綺麗なお姉さんだなぁ…』と思っておりました。後にバラエティー番組で御姿を観て、「おぉっ、競艇で何かやっていた方だ…、と、メロメロになったことを思い出します。ただ当時はイメージガールだとは知らずに、レースクイーンかコンパニオンのお姉さんみたいな感じで見ておりましたが…。
オイラが競艇…今年からはボートレースと呼ぶように変更したそうなので、ここからは『競艇』ではなく、『ボートレース』と記述いたしますが、オイラがボートレースにはまったのは、優木まおみ様の影響も大きかったもかもしれませんが、そんなボートレースにはまり出した頃でも、「艇王(帝王)」と呼ばれた植木通彦(元)選手と「王者」と呼ばれる松井繁選手は知っていました。今年はちょっと不振なイメージの松井繁選手ですが、一応年間獲得賞金は現在8位か9位で、13位以下の選手が驚異的に追い上げてくれば別として、まずは今年も賞金王決定戦には出場できそうですが、ここらでSG優勝して、その勢いで賞金王を目指してほしいですね。初日のドリームレースの1号艇が松井繁選手。低配当でも本命視。

第57回全日本選手権
- 12レース・ドリーム戦 -
◎1号艇:松井繁
○4号艇:池田浩二
△6号艇:湯川浩司


拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック