忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
3 6
10 13 15
17 20
25 26 27 28 29
30


 石田ゆり子 様のようなオトナ可愛い美女、 石川梨華 様のような可愛く色っぽい美女、 吉瀬美智子 様のような艶っぽい美女、 川口春奈 様のような可愛い娘、そんな素敵な女性と仲良くなれる。1億3,270万円超貯まる男。てっぱん♪
 
 投資競馬の応用で(?) 投資ボートレースに挑戦しているオイラ。ちょっとボートピア梅田で実践を兼ねて投票してみました。
 日付変わってしまいましたが、本日…と書いても16日の水曜日のお話。ボートレース住之江で行われている、大阪ダービー、摂河泉競走の準優勝戦があったので、ボートレース住之江まで行く時間がなかったため、ボートピア梅田に赴きました。
 
 準優勝戦と優勝戦は、オイラの勝手な思い込みですが、三連単で10倍未満の組み合わせが3通り以上あり、二連単の一番人気が「 1-2 」もしくは「 1-3 」のいわゆる本命戦のレースは堅いか荒れるかの両極端な感じがします。
 ボートレース住之江の摂河泉競走の準優勝戦は9レース、10レース、11レースと3つ行われましたが、9レースはもちろん人気の中心は1号艇ですがどうも6号艇あたりが人気になっていたので見送って、松屋で腹ごしらえしました。ボートピア梅田の近くにある松屋は、牛めしがプレミアム牛めしでした。いつもは松屋の牛めしは290円で食べるのに、380円。プレミアム感があるかといえば、そんなに変わってる気がしない。違いのわからない男なので、きっとネスカフェのゴールドブレンド赤ラベルも違いがわからないでしょうね。
 
 すぐ話が横道にそれますが、9レースはレースを見ていなかったのですが、レース結果を見ると買わなくて良かった…という結末でした。そして10レース。公式サイトで、今年7月からレース終了後もオッズが確認できるようになっていますので、ボートレース住之江の10レースのオッズを見ると ( ちなみにこちらです ) これは二連単「 1-2 」で鉄板やん…と思い。舟券を購入。


20170816_舟券_1864


 レースはいい感じで 1-2 で決まりそうだったのですが、1周目第2ターンマーク前で1号艇と接触したのか、2号艇がちょっと遅れてしまい、 1-3 の順番に…。1マークで失格艇もあって、順番が変わることなく終了…。無念…。で、続く11レースのオッズがこちらです。最終的には 「 1-2 」に集中してるようですが、締切10分前ぐらいまで、「 1-2 」が1番人気っぽかったけれど、「 1-4 」とはもっと僅差だったんですよね。「 1-2 」ではなく、「 1-4 」と「 1-3 」でいくか悩みつつ「 1-2 」で勝負…。金額ですが、負けを獲り戻さなくてはいけないので…


20170816_舟券_1864


 ってことで…。


20170816_舟券_1863


 それにしても、今年の春ごろまでは、100円単位で賭けてドキドキしていたのに、自分の金銭感覚がちょっと怖くなってきた、今日このごろです。
 ちなみにレース結果ですが、「 1-2-4 」で的中。一番人気の組み合わせですが、まぁ、買い目を絞ったので十分プラスです。ちなみに換金せずにひとまず家に帰ったので、いざ払戻機に舟券入れたときに、「この投票券は的中しておりません」なんていう悪夢のような音声が聞こえたらどうしようと、ちょっとビビッてます。
 ちなみに、ボートレース住之江の最終レースは一般戦だったので買わなかったのですが、ボートレース若松の優勝戦があったのでつい買いました。オッズ的には微妙だったので、買うのを一瞬は躊躇したのですが、舟券当たって気分が良くて解放感もあったんでしょうね。


20170816_舟券_1862


 レース結果は…。やらなければよかったというオチでしたが、まぁ、プラスだったので機嫌が良かったので、珍しく投票結果なんて書いてみました。蛇足ですが、当日佐賀競馬場で行われていたサマーチャンピオンという重賞競走も当たっていましたよ。
 
 ちなみに、テレボート会員なので、スマホなどでネット投票もできますが、ネット投票では100円単位でちまちま買ってます。
 
 明日というか、もう日付変わってるんですが、17日は大阪ダービー摂河泉競走の優勝戦。仕事が早く終わればボートレース住之江に久しぶりに行こうかな…。と書きつつ、行かない気しかしませんが…。
 

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック