忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

恋愛ものだろう…ということ以外、とくに詳しく知りもせずに観に行った『100回泣くこと』 正直、40歳過ぎたおっちゃんが一人寂しく観る映画ではないんでしょうが、なんとなく気になって…。
 で、ストーリーを、またまたムービーウォーカーから抜くと…
 
 4年前のバイク事故で逆行性健忘症を患い、事故以前1年間の記憶を失った藤井(大倉忠義)は、恋人の佳美(桐谷美玲)に関する記憶がぽっかりと消えていた。ところが、共通の友人であるムース(忍成修吾)とバッハ(波瑠)の結婚式に出席したことをきっかけに、2人は運命の再会を果たす。初めて出会ったはずの佳美に自然と惹かれた藤井は、ずっと乗っていなかったバイクの修理に彼女を誘い、距離が接近。やがて、藤井の記憶は戻らないまま、止まっていた時が動き出すように、2人は再び付き合い始めるのだった。だが、4年間ずっと待ち続けていたはずの佳美は、かつて恋人同士だった事実を藤井に打ち明けようとしない。一方、佳美に強く惹かれた藤井は“突然だけど、結婚しよう”とプロポーズ。それを受けた佳美だったが、“1年間、結婚の練習をしよう”と条件を付けて一緒に暮らし始める。穏やかに過ぎてゆく2人の生活。街角の小さな教会でのたどたどしい愛の言葉と誓いのキス、佳美が熱を出した時、藤井が渾身の力を出して踊ってくれた“解熱の舞”……。ささやかながら、満ち足りた幸せがこのままずっと続くと思っていた頃、佳美に病魔が忍び寄る。ある日、佳美は“実家の父親の具合が悪いから”と家を出たまま帰ってこなくなってしまう。佳美の言葉に何の疑いも持たなかった藤井だったが、久しぶりに帰った実家で見つけた手紙をきっかけに、4年前も自分たちが付き合っていた事実を知る。さらに、佳美の親友、夏子(ともさかりえ)から彼女の現状を聞き、バイクを飛ばす。なぜ、佳美は“結婚まで1年”と答えたのか……。なぜ、かつて2人が付き合っていたことを明かさなかったのか……。藤井の失われた記憶の中には、佳美への深い愛と、あまりにも切ない真実が隠されていた……。
 
 …という感じ。個人的には20代女性タレント(モデル?)でお気に入りの桐谷美玲様がヒロインだったのが、この映画を観る一番の動機だったかな。あとは関ジャニ∞のメンバーも活躍目立つなぁ…という感想。あとは、バイク事故で記憶を失うという設定が、一昨年ぐらいに上映された『瞬 またたき』を連想させました。もっとも瞬 またたきは、岡田将生様が亡くなって記憶を無くしたのが女性の北川景子様が記憶を無くしたんですけどね…。
 この100回泣くことは、原作ではもっと細かい描写がされているのでしょうが、最終的には女性が亡くなります。ヒロインの佳美が癌になり、主人公の藤井がその時にバイク事故を起こし、事故の時から過去一年間の記憶を失って…。4年後二人が再会し、付き合うのですが、まぁ、癌だとかは最初はわからず物語が進行していくなかで明らかになっていくのですが…。
 記憶を失った日、なぜ藤井は家を飛び出したのか…、など、徐々に明らかになっていき、なんともお互い好き合っていたのに、悲しいというか切ないストーリーが明かされます。
 なんか、中途半端なネタバレですが、オイラ、年齢もあってか涙までは流さなかったけれど、物語としては、ありがちなストーリーっぽいけれど、やっぱりベタっぽいストーリーは悪くないのでありました。


100回泣くこと
100回泣くこと

公式サイトはコチラです。


拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック