忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

原作と脚本と監督が三谷幸喜様の最新作、清須会議を観ました。「きよす」を変換すると『清洲』もしくは『清州』と変換されますが、『清須』とは変換されないので、今後、変換ミスによる誤字があっても目を瞑ってくださいね。
 さて、ストーリーを抜粋すると…
 
 天正10年(1582年)。本能寺の変で、一代の英雄・織田信長(篠井英介)が明智光秀(浅野和之)に討たれた。跡を継ぐのは誰か……。後見に名乗りをあ げたのは、筆頭家老・柴田勝家(役所広司)と後の豊臣秀吉・羽柴秀吉(大泉洋)であった。勝家は、武勇に秀で聡明で勇敢な信長の三男・信孝(坂東巳之助) を、秀吉は、信長の次男で大うつけ者と噂される信雄(妻夫木聡)を、それぞれ信長の後継者として推す。勝家、秀吉がともに思いを寄せる信長の妹・お市様 (鈴木京香)は、最愛の息子を死なせた秀吉への恨みから勝家に肩入れ。一方、秀吉は、軍師・黒田官兵衛(寺島進)の策で、信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友 介)を味方に付け、秀吉の妻・寧(中谷美紀)の内助の功もあり、家臣たちの心を掴んでいくのだった。そんな中、織田家の跡継ぎ問題と領地配分を議題に“清 須会議”が開かれる。会議に出席したのは、勝家、秀吉に加え、勝家の盟友で参謀的存在の丹波長秀(小日向文世)、立場を曖昧にして強い方に付こうと画策す る池田恒興(佐藤浩市)の4人。様々な駆け引きの中で繰り広げられる一進一退の頭脳戦。騙し騙され、取り巻く全ての人々の思惑が猛烈に絡み合ってい く……。
 
 というもの。このテの戦国時代ものといえば、以前のぼうの城というのも以前観ましたが、なんだかんだで戦になるのですが、この映画では会議…というか、会議までの裏工作を意識した作品ですかね。三谷作品ではお馴染みの面々が出ているのですが、主役に大抜擢されているのは大泉洋様ですね。この作品を観る前に笑っていいとも!で大泉洋様がゲストで出ておられて、そのとき、この作品の話しもされてました。秀吉は背の低い男だったので、三谷監督に『君は、身長を145センチほどに出来るか』とか言われたんだとか…?
 
 映画は、大爆笑とは言わないけれど、ストーリーも案外…と書くと失礼ですが…しっかりしたストーリーの中、要所要所でクスッと笑えるネタも仕込んでいて、歴史云々を考えると評価が微妙になっちゃいますが、信長、秀吉、家康の時代って、なんとなーく程度でも有名な時代だから、娯楽としては楽しいですよね。あんまり深く考えずに観ると楽しい映画です、きっと。
 
 
清須会議_1
清須会議_1

公式サイトはコチラです。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック