忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 昨日に観たのですが、話題の映画『沈まぬ太陽』を観ました。不毛地帯は観てないのですが、白い巨乳…じゃなかった、白い巨塔はフジテレビが新しく作った方は観ましたが…。何か試写会だったか初日公開日だったかに、主演の渡辺様が男泣きされたと聞いたら、興味が湧きますよね? 世界のナベアツじゃないですよ、世界のナベケンこと渡辺謙様ですよ。 さてストーリーを例によってムービーウォーカープラスから抜粋すると…
 昭和40年代。巨大企業・国民航空社員の恩地元(渡辺謙)は、労働組合委員長として職場環境の改善に取り組んでいた。だがその結果、恩地は懲罰人事ともいえる海外赴任命令を会社から言い渡される。カラチ、テヘラン、ケニア……。終わりなき僻地への辞令が続く間、会社は帰国をちらつかせ、恩地に組合からの脱退を促すのだった。そんな中、共に闘った同期の行天四郎(三浦友和)は、早々に組合を抜け、エリートコースを歩み始めていた。同僚でありながら行天の愛人の国際線客室乗務員・三井美樹(松雪泰子)は、対照的な人生を歩む二人を冷静に見続ける。行天の裏切り、更に妻・りつ子(鈴木京香)ら家族との長年にわたる離れ離れの生活によって、恩地は焦燥感と孤独感に襲われる日々を送っていた……。十年に及ぶ僻地での不遇な海外勤務に耐え、恩地は漸く帰国、本社への復帰を果たすが、恩地への待遇が変わることはなかった。そんな逆境の日々の中、航空史上最大のジャンボ機墜落事故が起こる。想像を絶する犠牲者の数。現地対策本部に配属された恩地は、救援隊として現場に赴き遺族係を命ぜられるが、そこで様々な悲劇を目の当たりにする。政府は組織の建て直しを図るべく、国民航空新会長に国見正之(石坂浩二)の就任を要請。恩地は、国見にかつての労働組合をまとめた手腕を買われ、新設された会長室の部長に任命される。事故によって失墜した会社の再建に尽力する国見と恩地。しかし、その実直な姿勢は、国民航空と政界との癒着構造を浮き彫りにしていくのであった……。
…というもの。ドラマだと言えばそれまでですが、恩地の生き方は凄いなぁ…と思うわけですよ。オイラも労働組合に入っている組合員なわけですが、さすがに「アカ」とか言われることは無いし、ここまで露骨な人事も受けてはいないものの、他の組合員の中では不当な配置換え等行われた方も残念ながらおりますね。派遣労働村だとか、いろいろ問題が噴出してきて最近は労働組合の注目度もあがっておりますが、なかなか恩地さんのような生き様をする方は少ないでしょうね。組合幹部やって出世して…という行天のような人の方が残念ながら多そうな天。 でも映画を観ていると内容としては難易度高めかな? 委員長はわかるとしても、アカって言われるのがどういうことか…というのは、オイラもいまいちわかるようでわからないので、オイラよりも若い世代で労働組合などに関わらない方々にはわかりにくい内容かもね…、御用組合(ごようくみあい)とかピンと来ない方もいるかも? …というか若い人はあんまり観ないか…。
映画は国民航空という、いま何かと話題の日本航空を思わせるような航空会社が舞台で、墜落する飛行機が123便で御巣鷹山に墜落って…いいのか? と、観つつ思ってました…。ただJALが墜落したあの事故は、実際は御巣鷹山ではなかったそうですが…。どこまで実際の社会や会社や政治…と絡んでいるものが近いのかわからないけど、実際もこんなものかな? と思わせるほど上手くできておりました。長時間のため間に休憩がありましたが、はじめは間が開いたら拍子抜けするんじゃないかと思っておりましたが、観終えた感想としては、休憩があって良かったよ…。もうずっとジット3時間半もしていたら、苦痛感で映画の感動よりも疲労感が先にきそうだしね…。
笑っていいとも!で言っていた正月の空港のシーンも観られたし、何でも映画の時代の雰囲気の空港が国内にないから、タイかどっかのとんでもなく暑いところで冬のシーンをとったから苦労したのだとか…。
映画の内容にあんまり触れていなくて申し訳ないけど、時間もたっぷりあるというのもあるのでしょうが、見応えはバッチリでしたよ、ちょっと難易度が高めな映画に感じますが…。長編なのでこれから観られる方は気合を入れて観て下さい。

20091107_sizumanu.jpg 

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック