忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

 本日は、なんとなく気になっていた映画『悪夢のエレベーター』を観に行きました。ストーリーをムービーウォーカープラスから引用すると…。
 とあるマンションでエレベーターに乗っていた小川順(斎藤工)。だが突然、エレベーターが急停止、そのまま動かなくなってしまう。一緒に乗り合わせたのは、見るからにワケありそうな男女3人。空き巣狙いでマンションを訪れた刑務所帰りの安井三郎(内野聖陽)。アガサ・クリスティを愛読するゴスロリ少女の愛敬カオル(佐津川愛美)は自殺願望があり、屋上から飛び降りようとやってきた。3人の中で唯一のマンションの住人で、ジョギングに出掛けようとしていた牧原静夫(モト冬樹)は、実は他人の心が読める超能力者。そして小川は、愛人の陽子(芦名星)が住むこのマンションから、妻・麻奈美(本上まなみ)の出産立会いに向かう途中だった。狭いエレベーターに閉じ込められてしまう4人。非常ボタンは故障、携帯電話も電池切れ。助けを呼ぶ全ての手段が絶たれてしまう。その状況でなぜか互いの秘密を暴露し合うハメになった彼らがそれぞれに不信感を募らせる中、思いもよらぬ事件が起きる。そして、扉の外では更なる悪夢が待ち受けていることを、4人のうち誰一人として知る者はなかった……。
…というもの。
最初は野球の2軍の試合から始まっていますが、そこで言っている、人生は消化試合だの消化試合に逆転打も無いだのという台詞が胸に突き刺さる… …でも、正直言うと本編に関しては期待するほどおもしろかったとは思えない。最初はエレベーターという密室に閉じ込められた男3人と女1人、どうなるの? どういうこと? と、ちょっとドキドキしながら観ていたのですが、その閉じ込められたエレベーターのタネ明かしがされるのですが、それで終わりかと思いきや、そこから話が違った展開へ…。なかなか上手くできているとは思えるのですが、最後がスッキリしない消化不良みたいな終わり方と、話にコメディー要素がほとんど無いのに、ハラハラな展開が次から次に起こるというものでは無いので、微妙…。おもしろくなくはないのですが、いまひとつスッキリしない映画です。ま、気になっていた映画なので観られて良かったけど…。う~ん…。

20091104_akumu-ev.jpg 

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック