忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<!-- ネタバレが多数含まれた内容になっております。
これからヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qを観る方は、閲覧をお控えください。 -->



 先週テレビで放送されたヱヴァンゲリヲン新劇場版:破が終わってから、6分ほどこの新作ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの冒頭部を放送していたのですが、巨神兵東京に現る劇場版が終わって本編が始まると、テレビで観たそのシーンが始まります。テレビで観たとき、アスカがコナメガネか何か言っていたので、マリの乗っている機体か、アンチATフィールドを使う敵の名前かと思っていたのですが、どうやらアスカがマリのことをコネメガネと呼んでいるらしい。弐号機がエヴァ改2号機としてアスカがマリと共同作戦で、宇宙(?)にあったエヴァ初号期を奪還するところから話はスタート…。
 テレビで放送された部分が終わってから、話しは急展開というか、頭の中に「???」が回る、主人公のシンジと同じく状況の飲み込めない展開で、いきなり戦闘シーンも始まる。それが落ち着いてもまたまた急展開、ミサト、リツコがヴィレという反ネルフの組織を組んでいるし、ネルフはネルフで存在しているし、もう、テレビアニメで知ってる新世紀エヴァンゲリオンとは別物のストーリー展開。レイの呼びかけにより、シンジはミサト達の居るヴィレからネルフに移動。そこでカヲルと会って、やたらとピアノの演奏などが始まったりするけれど、どうも〝破〟から14年が経過しているらしいけど、それ以外がよくわからない。シンジがエヴァ初号機に乗ると言ったとき、皆怖い顔になっていたが、シンジ、初号機が引き金となり14年前にサードインパクトが始まったということが、ようやくわかる。その後、冬月に母であるユイとレイのことを聞かされるシンジ。そんな落ち込んでいたシンジにカヲルは優しく接するのでありました。カヲル×シンジ好きな人には、カヲルとシンジの絡みは多目なので、喜べる作品になっているかも?
 シンジが自分のせいでニアサードインパクトが起きてしまったことを知って、どうしようもなくパニック(?)になるシンジ。「希望はあるよ。どんな時だって」…カヲルが、シンジに「第13号機がロンギヌスの槍とカシウスの槍を手にすれば世界をやり直せる」と告げ、DSSチョーカーを外して自分の首につけて、シンジが13号機にカヲルとともに乗り込む決心をする。
 で、あれやこれやあって、カヲルとともに13号機に乗り込み、2本の槍を取るためにセントラルドグマの奥へと向かうエヴァ13号機、それを阻止するためにエヴァ改2号機とエヴァ8号機が来る。カヲルが同じ槍が2本?と疑問を持って止めるのですが、シンジは槍を抜けば…という思いで止められない。フォースインパクトが発動を始め、それを止めるための最後の戦いが始まる。ヴィレのヴンダーも大ピンチですが、何とか立て直す。最後はシンジ、アスカ、レイ(と呼ばれる者)がどこかに歩いて終わり。
 全部で4部作なので、次回で終わり…。どうまとめるのかな? でも、どうまとめても、ハッピーエンドにはならなさそうな…?? 楽しみながら、次回はいつだろうな、2015年ぐらいになったりしないだろうな…。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック