忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


 いつも、吉瀬美智子様のような色っぽい美女、スーパーストリートファイターIIのキャミィのコスプレとかちょっとHで可愛いコスプレ姿を見てみたい気もする、井上真央様のような可愛い美女、川口春奈様のような可愛い美女、後藤真希様のようなセクシーで可愛い美女、そんな美女と云々と書いていますが、オイラは大島優子様も好きなんですよね。で、その大島優子様が主演というだけで見に行きました。映画のロマンス。
 
 映画、ロマンスを見に行きました。大島優子様が主演という理由だけで見たくなって、見に行きました。サイトで調べたら、大阪で行っている映画館が一か所しかないので、そこに行きました。


ロマンス
ロマンス


 映画は、おもったより面白かった、期待と満足度は反比例するっていうから、それほど「おもしろそう」と思って見に行ってなかったからかなぁ。ちょっと失礼な書き方ですが。以前、今夜くらべてみましたで大島優子様、大倉孝二様のお二人がゲスト出演されて宣伝していたわりには上映している館が少ないのは寂しいですね…。
 内容は小田急のロマンスカーで車内販売をしている主人公のところに母が手紙が届く、その内容を知ったおっさんと母さがしに出るというのが大雑把な説明。こんな説明でわけわからんでしょうけれど…。
 「いい日旅立ち」を二人で歌っているシーンで、「あぁ~。これで終わりかな?」と思ったら、更にちょっと続いて、どんな終わり方するんだろう…と思いながら見ていました。あぁ~。こういう終わり方なんだね。という終わり方でした。続きが気になりつつも、まぁ、正統派なエンディングな気もします。
 今後、上映される映画館も増えていくでしょうね。これから楽しみにしてる人もいるでしょうから、これ以上書きませんが、ちょっと微妙な感じもしますが、なかなか楽しめた一作です。でも、以前、秋元才加様のマンゴーと赤い車椅子を観た時もそうですが、元AKB48のメンバーはガードが堅いのか、濡れ場が…。いえ、なんでもありません…。




拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック