忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

 
 月曜日と火曜日はお休みです。昨日はてぃだかんかんという映画を観に行きました。例によってストー リーをムービーウォーカープラスから抜粋すると、
 金城健司(岡村隆史)は、時を忘れて海ばかり見ているような子供だった。大人になってからは、様々 な職に就いたがどれもうまくいかない。事業の失敗で抱えた借金を返すために名古屋で働くが、海が恋しくなった健司は幼なじみの由莉(松雪泰子)と結婚する ために故郷の沖縄に帰ってくる。母・花江(原田美枝子)に結婚を反対された健司は、友人の啓介(伊藤明賢)が経営するダイブショップの倉庫を勝手に改装、 サンゴのあるバーを開店する。店は思いのほか大繁盛、健司は晴れて由莉と結ばれる。ふたりの子供に恵まれた健司の店は順調に支店を増やしていくが、借金完 全返済と4号店オープンを祝う会で、健司は「今日で店を全部やめる」と宣言する。沖縄の海は、開発や温暖化の影響を受けて悲鳴をあげていた。海の生き物の 多くが生息するサンゴ礁は死滅状態。由莉や子供たちにあの美しかったサンゴの海を見せてやりたい。その願いだけで健司は、サンゴを養殖し、海に移植すると いう大胆な計画を決意したのだった。店を応援してきた保(吉沢悠)ら友人たちは唖然とし、花江は激怒するが、由莉だけは優しく微笑んでいた。閉店したバー にいくつもの水槽を運び、試行錯誤が始まる。やがてサンゴは順調に成長、次は海への移植作業だったが沖縄県庁から、漁業組合の許可なしに勝手に植えてはな らないと待ったが入る。健司は組合長の比企連平(國村隼)を訪ねるが、連平は「サンゴが増えても儲からない」と健司を切り捨てる。しかしその後、どういう 心境の変化か連平は健司に協力を約束。数日後、20人ほどのダイバーの手でサンゴ移植が行われた。琉球国際大学の准教授・緑川(渡部篤郎)は健司の功績を 称え、海洋生物シンポジウムでの発表を勧めるが、専門用語が理解できない健司の発表は大失敗。逃げるように会場を出た健司に緑川は、移植だけなら海の飾り だが、サンゴが産卵すれば命が海に根付いたことが証明されると語る……。
…というもの。もともと『世界で初めて養殖サンゴの移植・産卵を成功させた男とその妻の実話を映画化 した感動作。知識や資金がなくとも、幾度の苦難にもめげず、夢に向かって突き進む主人公を岡村隆史が熱演。』ということで、実話に 基づいたストーリーなので、観るオイラとしても珊瑚が産卵するのは分かっていながら観ているのですが、笑いあり感動ありの映画で、オイラは見応えのある映 画でした。ただ大作というような見応えとはちょっと違うのですが、ありきたりといえばありきたりな作りではあるのですが、ところどころに笑える要素が入っ ているので、単なるドキュメンタリー映画では無いところは良かったと思います。現実に珊瑚の産卵にこぎつけるまでには、もっと壮絶な苦労もあったのものと 想像できますが、そういう苦労の部分を前面に押し出すのでは無く、一人の男とそれを支える周囲の人たちの繋がりのようなものを見せてくれたこと、大きなこ とをな成し遂げたのですが、「子どもたちに昔自分が見た綺麗な海を見せてあげたい」という素朴な思いを抱き続けてきたこと… …え~っと、どうも文章で上 手く書けませんが、出発点は単純な発想でも、夢や願望(希望でもいいのですが)を失わずに継続すれば、やがてそれを成し遂げる、あるいは自身の想像を超え るほどのことを成し遂げていることもある…。なかなか名言集などではよく見かけるものの、実際には困難なことを見せていただけた映画です。もちろん、本人 はもとより、本人も知らないところで活躍してくれた周囲の方々も素晴らしく、綺麗な海というのは、みんなの希望であることも改めて思い出させてくれる作品 です。最後に松雪泰子様は、お綺麗ですなぁ…。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック