忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


 井上真央様のような可愛い美女、長澤まさみ様のような可愛い美女、後藤真希様のようなセクシーで可愛い美女、そんな素敵な美女と仲良くなれる。5,000万円超貯まる男。
 
 HK 変態仮面 アブノーマルクライシスを見に行きました。ちなみに映画館のところに、変態仮面のコスチューム(?)が展示されていました。
 

HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス
HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス
HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス
HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス


 撮影中に着用したコスチュームとして展示されていましたが、鈴木亮平様ってガタイが凄いイメージがありましたが、案外小さい人形が展示されていましたが…。
 
 前作から3年も経っていたんですね。まさかの続編…って感じ。ただインパクトという点では、当然前作の方が上な気がします。やはり第2弾だからか、ちょっと狙い過ぎな感じを受けるところもありましたから。
 でも、全体的には、やはりおもしろい映画でした。前作の HK 変態仮面 のあと、主人公を演じた鈴木亮平様は花子とアン、ヒロインを演じた清水富美加様はまれと、NHKの連続テレビ小説通称朝ドラで名前を全国区に広めましたからね。案外この映画出世映画なのかも?
 
 なんかスパイダ○マンを思わせたり、随所にパクリパロディーっぽいものも散りばめられているようなので、それもおもしろいかも? ヒロインへの愛のパワーで復活するなど、本来ならば感動のシーンなのに、この作品だけにギャグで笑いそ誘ったりされます。まぁ、ややお下劣なので、R-15だったかPG12だったか、年齢制限もありますが、元ネタとなる原作は、週刊少年ジャンプに連載されていましたからね…、これがなんか凄い…。
 B級映画というか、なんか何も考えずただただ楽しみたい人にはお薦め作ですげ、上映している映画館は前作同様少ないかな…。
 
 


 まぁ、感想は…。タマにはこんな作品もいいかな、と。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック