忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


 月曜日休みで、ふと考えると、「あれ? 1日って映画の日で1,000円で観られるんじゃなかったっけ?」ってことで、急遽映画を観ることにしました。ルパン三世の実写版でも見たかったんですが、上映開始時刻や混雑具合などで断念。そんなとき、ふと… 金曜日に日経新聞に載っていた物語る私たちで、評価が高かったなぁ…と思い出し、ちょっとスマートフォンで検索したら、関東で1箇所、関西で1箇所上映しているところがあって、梅田でやってたので、急ぎ足で向かいました。
 映画は、こどものころから女優として活躍し、監督も勤めるサラ・ポーリー様の出生の秘密を探るドキュメンタリーといった感じでしょうか? サラ・ポーリー様を御存知な方にとっては興味津々な作品なのでしょうが、オイラはサラ・ポーリー様を女優としても監督としても知らなかったので、微妙…な感じ…。以前、白ゆき姫殺人事件も、同じ場面でもそれぞれの立場で全然違う解釈をしていましたが、物語る私たちでも語る人の見方感じ方で、同じ人物でも少し違って見ていたり、現実に起きたことは1つでも、10人いれば10通りの真実ができあがってしまうものなのかな…と思いました。出演者はリアルな方々だったのですね…。サラ・ポーリー様…ポーリー家の秘密…は、案外アッサリと吐露されてしまうのでした…。このへんは日本だと引っ張りそうなのになぁ…、カナダの文化なのかなぁ? と思ったりしていました。確信をつく部分やそこに近づくあたりは面白いのですが、出だしや出生の秘密がわかって以降は、ちと退屈でした…。
 サラ・ポーリー様を知ってる人ならお薦めなのでしょうが、オイラのように思い付きで観に行くのは…微妙…。でも、話題作のようですし、今後順次上映されるようですが、上映している映画館も少ないようですので、近くの映画館で上映されていれば見ておくのも悪くないかも…。


拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック