忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


 週間少年ジャンプで連載が始まった頃、ちょっと異色な作品として話題になってはいたものの、マンガを読んだこともないうえに、アニメも見ていないですけれど、なんとなく気になっていた作品なので、いきなり予備知識もろくにないまま、実写版の映画を見ましたよ、暗殺教室
 予告編で見たときに、殺せんせーの特徴として、『おっぱいが好き』『器が小さい』というのを見て、「あれ? これ、…もしかして… モデル俺じゃね?」と思った人も多かったりして…。
 



‹!-- ここからネタばれあり --›



 いきなり、謎の先生に銃口を向けたりしているところから始まって?? 状態。そこから徐々に解説が始まって…。月を破壊し1年を目処に地球を破壊すると予告した謎の生物が、とある進学校の落ちこぼれ学級の先生になり、その生徒が卒業までに自分を殺せば地球を滅ぼさずに済むという…。なんでも、その特殊な生物にのみダメージを与えるという武器で…。
 暗殺というところがあるので、微妙ですが、なかなか暗殺という部分を除けば、ええ話ですけどね…。とくに最後の方の先生で良かったとか言いながら生徒に(モニター越しに)見守れるシーンで、迂闊にもホロッと涙してしまいましたよ…。
 でも、結局は最期ではなくて、to be continued... の文字が…。まぁ、連載も続いているし、続編もあるんでしょうね。
 で、エンディングロールで殺せんせーのところにあの人の名前が…。すごい、あんな奇妙な生物を演じるなんて…って、どう考えても声だろ…ってね…。





‹!-- ここまでネタばれあり --› 




 なかなか面白かったので、今度ネカフェでも行って原作を読んでみよう…っと…。


暗殺教室
暗殺教室




拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック