忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
2
9
13 15 16
17 18 19 20 23
24 25 26 27 28 29 30


 石田ゆり子様のようなオトナ可愛い女性、そんな素敵な女性と楽しく過ごせる夢はいまだ実現していないので、ひとり寂しく映画館に行きました。
 
 予告編を見た時から見たいと気になっていた映画、今夜、ロマンス劇場でを見ました。見た直後とかに書けばいいのに、見てからちょっと経ってから書くのはオイラの悪い所かな…。
 
 映画が始まっていきなりモノトーンカラーだったので、「あれ? オイラ目が悪くなったかな?」と一瞬、ほんの一瞬ですがビックリしました。この映画、綾瀬はるか様の可愛さを再認識する映画でしたね。本田翼様も可愛かったし。女性の方なら坂口健太郎様にドキドキするのかな…。


今夜、ロマンス劇場で


 映画やマンガの世界では、タイムスリップやタイムリープ。体が入れ替わる、そして、絵本などの物語の世界に入る、逆に出てくるというパターンはよくありそうな題材ですよね。この作品はそれでも楽しめた一作です。ティアラをつけたお姫様な綾瀬はるか様演じる美雪さんは、オードリーヘップバーン様を思い出させる衣装でしたね。ちょっと古臭い感じを漂わせているのも昭和生まれなオイラにはなんか懐かしさと新しさを感じていい感じでした。オイラは以前も何度か書いたと思いますが、ラブコメな作品やベタなストーリーが好きなんですよね。
 最後のちょっと手前で健司さんがどいう選択をするのかな? と思っていましたが、そういう選択でしたか…という感じ。映画の最後はハッピーエンドってことですよね。ちょっと切ないですが…。
 
 でも、年のせいか涙腺が緩くなっていて、ちょっと油断するとすぐ涙目になるオイラですが、この映画に関しては泣かなかったなぁ。それほど大きな感動まではしなかったけれど、じんわり来ました。なっていうか小難しい内容や、やたら大音響でド派手な演出や CG全開の作品が増えてきてる昨今の映画では、久しぶりに昔見てた、映画らしい映画を観たような印象を受けました。
 
 個人的には、昨年なんとなく見た泥棒役者で気になっていた石橋杏奈様見ることができましたし、なにしろ気になっていた作品でしたので、見られて良かった一作です。



 

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック