忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
4
11
24 25 26 27 28
29 30 31


 スーパー ストリートファイター IIのキャミィのような、 ギルティギア ゼクスのディズィーのような、布面積少な目なセクシーなお姿を見てみたい、後藤真希様のようなセクシーで可愛い美女、石田ゆり子様のようなオトナ可愛い美女、永作博美様のようなオトナ可愛い美女、そんな素敵な女性と幸せな一時を過ごしたいオイラでした。
 
 ドリームという映画を見ました。この映画、全然知らなくてノーマークな映画だったのですが、10月はじめか9月の終わりごろだったと思うのですが、グーグルプラスでオイラが参加しているコミュニティの 1つ「 天文・宇宙 」というところに、この映画のことが投稿されていて、ちょっと興味が沸きました。ネットで調べると上映している映画館はそんなに多くなかったのですが、幸いオイラのよく行く映画館で上映されていたので見ることができました。ただ小さいシアターで、7割り以上の席が埋まっていたようなので、1番前の席で見たのですが、スクリーンとの位置が近すぎて見づらかった。それだけがちょっと残念ですかね。




 オイラが生まれる前の話、まだソ連という国があって、米ソの宇宙開発競争だか宇宙開発戦争だかなんか言われていた時代。友人宇宙飛行をソ連に先を越されてしまったアメリカが威信をかけて月面着陸をソ連より先にすると力を入れていた時代のお話ですかね? このころの熱狂はオイラの生まれる前なのでオイラ自身はよくわからないのですが、アポロが月面着陸をする前のお話ですが、当時、これもオイラにはよくわからないところが多いのですが、白人、黒人の差別が大きかったころ、そして女性に対する偏見もあったころ、NASAの宇宙開発で、こんなにも黒人女性が活躍していたというのを、いままで知りませんでした。
 ちなみに、ストーリーなどを書くのはしんどいのですが、ストーリーとまでは言えませんが、朝日新聞の特設サイトを見かけましたこちらです。映画で活躍が取り上げられている 3人の女性は、差別という壁にぶち当たりながらも才能を発揮し、後の人たちの活躍の場を広げるパイオニアとなりました。
 ドキュマンタリーみたいかと思いましたが、映画としてストーリーがしっかりしてますし、最後の最後で涙腺の緩いおっちゃんは、結局涙を少し流してしまったのでありました。
 アポロの月面着陸は知っていましたが、それ以前は知らないので、有人飛行のシーンでも、映画になるぐらいですから大成功したのだろう…と思っていたのですが、「あれ? これって…」とちょっとハラハラしつつ見てました。時々当時の映像 ( だろうと思われる ) 映像も混ざっていて、ご年配の方で、当時テレビの前でニュースをかじり見ていた人なら懐かしさと興奮が蘇るかもしれませんね。
 たまたま、グーグルプラスのコミュニティで目に止まって知って見る機会に恵まれて見ましたが、ついこのあいだ見たナミヤ雑貨店の奇蹟という映画も、やたら泣いて今年見た映画では一番泣いたかも…と書きましたが、このドリームという映画も、そこまで涙する作品ではないし終始感動するってわけでもないのですが、いい映画でした。偶然というかちょっとしたきっかけですが、この映画を知ることができて、見ることができて良かった。
 以前から時々書いていますが、期待と満足度は反比例するっていうようですから、ちょっと前にたまたま知って急遽見たので期待値がそこまで高くなかったというのもありますが、個人的には宇宙開発などがメーンかと思ったのですが、もちろんその部分もしっかり描かれていて満足できますが、差別などもしっかり取り上げられていて、いろいろ考えさせられる作品でした。
 個人的にお薦めの一作です。
 

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック