忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


 ギルティギアイグ ゼクスのディズィーのような、スーパーストリートファイターIIのキャミィのような、布面積が控えめなちょっぴり破廉恥にも見える大胆なお姿も拝見してみたい気がする、川口春奈様のような可愛い美女、後藤真希様のようなセクシーで可愛い美女、マギー( Maggy )様のような可愛くて色っぽい美女、そんな素敵な美女と仲良くなれる。5,000万円超貯まる男。久しぶりってほどでもないのかもしれませんが、映画を観ましたよ。ラピュタ☆
 
 
 正直言うと、タイトルも『シン・ゴジラ』と「シン」とかついてるし、庵野秀明監督には「早くエヴァの呪縛から解放してよ…」という思いもあって、エヴァンゲリヲンを作らずこんなの作って…という気持ちもあって、この映画観ないでおこう…。と公開直前と公開してしばらくは思っていたのですが、記録もさることながら、SNSでたまに投稿を見かけると評判がやたらいいので、気になって結局見ちゃいました。
 もう10年ぐらい前でしょうか? ハリウッドでゴジラが作られたときは、割と速く走るし、死ぬまで攻撃しまくってやたらアクション性というか戦闘性が高かったけれど、今回のはなんていうか、日本のゴジラって感じの映画ですね。どう評価するかは意見が割れそうなところですが、会議が長い感じもあって、なんかゴジラ映画、怪獣映画を期待すると、ちょっとアテがハズレる感じになるかもしれませんが、概ねおもしろいというか、「う~ん」と思わせる作品でした。なんか聞いたことある曲も流れるので昔のゴジラを知っている方は、そのへんも楽しめるのかも?
 オイラの中ではそこまで「最高にオモシロイ!」とまでは言えませんが、評価が高いのもわかるな…と思える作品でした。ちょっと台詞が聞き取りにくかったりするところでイラッとしたりもしましたが、庵野監督なので、意図的なんだろうな…と思いながら見てました。
 いつまで上映してるのかわからないので、見るのかどうか迷っている方はお早目に見ておいた方が良いと思います。
 それにしても、エンディングクレジットを見ていたら、自衛隊の協力とか、凄いね。
 

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック