忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

 マンガで見るとあっけなく感じるけど、実際に執行する人や、立ち会う人は、辛いんだろうね。冤罪じゃない限り、死刑執行を言い渡されるというのは、日本ではまず他人の命を、自己の勝手な言い分で奪った筈なので、他人を勝手に殺しておいて、自分が死ぬときに死にたくないとかいうのも勝手以外のなにものでもないけど、もちろん、自分の家族や愛する者を殺した犯人には同情しないだろうし、罪なき者を何人も殺して反省も後悔もしな奴に同情なんてしないだろうけど、直接自分と関わりのない者を殺めた者に、そこまで非情にはなれず、結局、泣き叫ばれると、心苦しいものがあると思うよ…。
 さだまさし様の償いという歌は、心に響きますなぁ…。オイラも幸いにして、人を死に追いやったり、障害の残るような事故こそ起こしていないけれど、明日はわが身かも…、と、ちょっと、この歌を聴くと、気を引き締めなければと、思いますね。
 ちなみに、死刑執行と償いという歌に関連はないんですけどね…。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック