忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


 もう飽きるほど、このブログに書いておりますが、いま、オイラが一番好きな女性タレントは眞鍋かをり様です。これも何度か書いたことがあると思いますが、もともと眞鍋かをり様を好きになったきっかけは、NHK教育テレビ ( 現 NHK Eテレ ) で放送されているサイエンスZEROという番組を観たのがきっかけです。余談ながら、サイエンスZEROという番組は、現在も続いています。現在のナビゲーターは、眞鍋かをり様ではなく、南沢奈央様に変わり、放送時間帯や時間も変わっております…って、また話が横道にそれましたね。
 さて、眞鍋かをり様ですが、サイエンスZEROを見ていたころはそこまで知らなかったのですが、国立大卒業の才女というのも、ひとつの売りだったようですね。サイエンスZEROが科学番組ということもあってか、理知的なお姉さんのイメージはありましたが…。そんな眞鍋かをり様は、グラビア出身ということもあってか、しばしばエロネタに巻き込まれていたようですね。まっ、知的な美女に敢えて恥的なことを言わせたりしたがるのは、オイラも含め、馬鹿な男の昔も今も変わらぬ性 ( ※注…『せい』ではなく、『さが』と読んでね。 ) なのかも知れませぬ…。
 そんな
眞鍋かをり様が、とあるラジオ番組で、言わされていました…。
 
 




 まぁ、地名なんで放送禁止用語ではないものの、どう考えても、女性器のおまんこである『マンコ』を意識して言わせているとしか思えません。ちなみに、『湖』という字が入っていますが、たしか漫湖は湖ではなかったはず。なんでも湿地帯らしいので、ちょっと湿った感じなんだろうか? って、お前が一番卑猥なこと露骨に言ってるだろう…って、突っ込まれそう…。もういいって…?
 恥ずかしさに最初言っていた眞鍋かをり様ですが、サービス精神もあるやら…もとい、やしい彼女は、リップサービスなのか開き直りなのか、その後何度も「マンコ」と言ってくれてます。芸能界のお仕事って、ホントに大変ですね。
 ちなみに『エロマンガ島』っていうのは、何年か前から、なるべく原音に近い発音に直そうという風潮(?)から、『Erromango Island』は、エロマンガ島ではなく、現在は、『イロマンゴ島』と呼ばれるそうです。イロマンゴ…マンであり、マンではないのですが、色マンコ…、これはこれでなんとなく卑猥だ…。あぁー、オイラ欲求不満だな。でも、これ、悪意を持って編集したら、眞鍋かをり様のおまんこ発言放送事故…ろかできそうで怖いな…。
 いろいろご苦労も多そうですが、眞鍋かをり様の笑顔をこれからも少しでも多く見たいものです。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック