忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


 ギルティギア の蔵土縁紗夢のような美脚露わなセクシーなお姿も見てみたい気がする、 後藤真希 様のようなセクシーで可愛い美女、 石田ゆり子 様のようなオトナ可愛い美女、そんな素敵な美女と仲良くなりたいと思うオイラ。今回は違う女性に ( うつつ ( かすオイラでしたとさ。ラピュタ☆



 タイトルの『1710374…3』は、稲富菜穂さんという意味です。以前に書いたかもしれませんが、いまかなりお気に入りの女性タレントさまです。競馬展望プラスという番組を見ていたときに、稲富菜穂様が「Gate.J」でオークスのトークショーをやります。というような告知をしていたのですが、日曜日に行われるものとばかり思っていたのですが、土曜日はたまたま休みで普段なら昼近くまで寝てることが多いのに、そこそこ早起きして、なんとなーくスマートフォンでゲートJのサイトをチェックしてみたら、土曜日の11時40分からトークショーのイベントがある…と載っていました。「げげっ、今日やん!?」と急ぎ…というほど急いでいなかったけど、梅田のWINSに向かいました。梅田のWINSといえば、オルフェーブルが三冠馬に輝いた年なのでもう6年前…。2011年の12月23日、その年の最後の休みの日、当時ブログなどで女性タレントで1番好きと書いていたような気がしますが、六車奈々様が来場するということで競艇の賞金王決定戦も行われていましたが、住之江競艇場ではなく迷わずWINSに行ったのですが、今回はそこまでわくわくでもなかったのですが、生で稲富菜穂様を見られる数少ないチャンスだろうし、珍しく土曜日休みだったし、これは行かねば…とWINSに向かいました。
 
 ちなみに話が逸れますが、オイラも長いことブログをやっていますので、六車奈々様のイベントのことも書いていました。興味はないでしょうが、こちらに載っております。
 
 その六車奈々様のときもなんとなく1時間以上前に着いたのですが、すでに列がけっこうできていたので、今回もはやめに到着。地下に降りたらスペースが狭い。すでに何人かいましたが、席などがあるわけではなく列はできていませんでした。ちなみに到着すると11時40分ではなく、11時35分から開始となってました。10時40分頃に到着しましたが、抽選券をもらいましたが、64番でした。
 


おーくすとーくしょー



 椅子もないので立って待機してましたが、途中から平安Sの参考レースなどの映像が流れたのでボーッと見てました。11時27分か28分かぐらいに稲富菜穂様の声で「もうすぐ」みたいな案内があり、11時35分ぐらいに始まりました。
 
 こういうイベントでは、こちらにブログに書いています、さっき書いた5年半ほど前の六車奈々様のときもそうですし、以前行ったボートレース住之江のスミレ様や南明奈様のトークショーのときもそうだったのですが、まず司会の人が出てきて「写真撮影は禁止」みたいなことを言うんですが、このイベントでは司会みたいな方が特に登場せず、写真撮影禁止とも言わなかったので、携帯、スマホ、デジカメ、タブレットなどなど大勢が写真撮りまくりでした。オイラは後ろの方にいたので、人垣でお姿もろくに見えなかったし、写真は一枚も撮らず仕舞いでした…。
 
 トークは稲富菜穂様以外に山口美香様、東馬場なな様が参加されていました。ここで山口美香様がタートピを卒業されていたことを知りました。最近、今日は行けませんでしたが日曜日はかなり競馬場に行ってるのでタートピもよく見ていたはずなのに知らなかったという…。稲富菜穂様が可愛いのはテレビも見てるし知っていましたが、山口美香様、東馬場なな様も可愛い方でした。
 
 トークはゆるーい感じでオークススペシャルトークという触れ込みのわりには予想やお馬さん情報はあんまりなかったけれど、まぁ運よく休みでこのイベントに参加できた喜びで、平安Sや優駿牝馬がハズレた傷も少しわ和らぎそうです。
 
 タートピの裏話ってほどでもないのかもしれませんが、貴重なお話…かは微妙ながら、わざわざ行った甲斐があったなぁーと満足でした。
 ちなみに抽選はハズレたので抽選券はそのまま持ち帰ったのでありました。写真を一枚も撮ってなかったので、この抽選券がちゃんとイベントに行ったという思い出の一枚になりました。
 

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック