忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

 前々作の『てっぱん』。前作の『おひさま』に比べ、ウェブログで書くことの少ないNHK総合で朝と昼の日曜日を除く連日放送されている連続テレビ小説『カーネーション』が4週を終え、5週目に突入です。そういえば、ちりちてちんに出てた方も出ていらっしゃるそうですね。
 まずこども時代があり、土曜日におとなキャラにチェンジするのが、前作のおひさまと似たパターンでしたね。時代もおひさまよりカーネーションの方が少し古く、大正時代から始まりますが、戦前、戦争、戦後という激動の時代をかけるのは、前作のおひさまと同じような時代設定ですね。しかし、真逆…とまでは言いませんが、おひさまとカーネーションは結構ギャップがありますね。
 まず、なんといっても最初に感じる違いは、主人公であるヒロイン。裁縫が苦手だったおひさまの陽子とは違い、裁縫は好きで得意なカーネーションの糸子。末っ子だった前作と違い長女だったり、お父さんが優しい感じだったのと一転、昭和の頑固親父っぽい父親ですね。まぁ、母方の祖母がお金持ちというのは、おひさまもカーネーションも同じかな、父方の祖父母はナゾですが…。
 今日からの5週目から心斎橋で、いよいよ洋服で奮闘するようになるようですね。大阪が製作だからかどうかはわからないのですが、ちょっとごちゃごちゃというか、観ててやかましい感じに映るところがありますね。まぁ、オイラはてっぱんと同じく、そういう部分も嫌いではないのですが、ただ、なんとなーく、おひさまが静かな雰囲気で、それでいておもしろかったので、ちょっと違うかな…と…。
 昼ドラもそうなのですが、こういうドラマって、あいだの部分は結構おもしろいのですが、最初と終わりの方がいまひとつ…、まぁ、物語のまとめに入らなくてはいけないので多少はやむをえないのでしょうけど、最後まで「おもしろかったー」と思える作品だと嬉しいですね。いまのところは、ぼちぼち楽しんで観させていただいておりますが、いまのところ、『おひさま』の方がおもしろかったと思ってます。これからですよね、カーネーション

おひさま 今日の一枚
おひさま 今日の一枚
 
 で、4週目で、「好きな花は?」と根岸先生に質問された糸子が「カーネーション」と答えたので、おそらく、これがこの作品のタイトル『カーネーション』になったのだろう… …と、単純に思っても良いのですが、NHKの公式サイト ( URL : http://www9.nhk.or.jp/carnation/index.html )を見ると、『カーちゃんネーちゃんファッション』と書かれているようで、この略か? とも思えてしまいます。カーネーションの花言葉を花言葉辞典というサイト ( URL : http://www.hanakotoba.name/archives/2005/09/post_42.html ) で見たら、4つの基本的な花言葉以外にも、花の色によっていろんな花言葉がありました。奥が深いぜ…。こういう花言葉な意味も匂わせるドラマ展開になるのかな?
 まずは、一ヶ月はおおむね楽しめました。今後に期待します。
 

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック