忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

 まぁ、本日は六車奈々様を生で見られただけでなく、かなり近距離で見られたので嬉しいとは、さっき書いたばっかり。もし、JRA-VANに加入していれば、眞鍋かをり様とも会えるチャンスがあるのかな? とか、北海道に住んでいれば、今井りか様の番組も観られるんだなぁ…とか、競馬にかこつけて、自分の好きな女性タレント様の名前を無理やり挙げるオイラですが、それとは、まったく関係無く、よく、このブログで最近登場する、瀬戸大橋を越えた四国地方のお話でも、尾道のお話でも、姫路のお話でも無く、九州の荒尾競馬場の話なのですが、本日、ファンに惜しまれつつも、80年以上の歴史に幕を閉じました。オイラは地方競馬なら園田競馬場、あとはJRAの阪神競馬場と京都競馬場ぐらいしか競馬場には行ったことがないのですが……。オイラがD-net及びSPAT4に加入した年に、大分県の中津競馬場というところが閉鎖されてしまって、オイラが地方競馬を買うようになってから、かみのやまと高崎の北関東競馬が閉鎖されて、それから危ない地方競馬場は色々名前が挙がっておりましたが、なんとかもっていましたが、とうとう荒尾競馬が閉鎖になってしまいました…。
 高崎競馬は、閉鎖された年の秋に、この競馬場を舞台(?)にした「ファイト」というNHKの連続テレビ小説が放送された皮肉な話もありましたが…。あと一年持てば、サイゴウジョンコ賞とか、そんなレースもあったかもしれませんし…。余談ですが、本仮屋ユイカ様って、めっちゃ可愛いネ♪ 正直、ファイトの頃は、後に世間を騒がせたお母さん役の人や、議員になっちゃった人、川原亜矢子様といった、オトナな女性に目を奪われ、本仮屋ユイカ様はノーマークでした…。
 荒尾競馬場は、もともと今年度も赤字の解消の見込みが無ければ廃止という話はあったのですが、3月まで待たずに今年中に閉鎖というのは前倒しですね。ギャンブル=悪とまでは言わないまでも、くだらないと考える人は多いし、そんなものに税金を投入するというのは不満な市民、県民の方が、おそらく多数派でしょうから、いたしかたないことではあるのでしょうが、いち競馬ファンとしては、統一ダートグレード競走以外で地方競馬の馬券を買うことは少ないとはいえ、荒尾競馬の馬券も何度も買ったこともあるし、自分が足を踏み入れたことも無い競馬場とはいえ、やっぱり閉鎖は寂しいですね。
 岩手県の盛岡および水沢はじめ、まだまだ地方競馬の風当たりは強く、これからのわずかな時間で売り上げが大幅に伸びることは期待できないでしょうが、できれば、閉鎖しないことを願うばかりです。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック