忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 まぁ、日付変わっていますが、感覚としては今夜が最終回だったのです。家政婦のミタ。本当はもっと早くキッチリしたものを書くつもりでしたが、ツイッターしてスッカリ遅くなった。住之江競艇場の賞金王決定戦の予想もしそびれた…。
 松嶋奈々子様演じる家政婦の三田灯が、母親を失ってバラバラになりかけていた家族のところに来て、色々むちゃくちゃしているようで、実は家族愛を取り戻させた… …ちょっと違う気もしますが、おおまかはこんな感じかな? 三田灯の壮絶な過去を抜きにすれば…。
 今年の漢字の一文字は、たしか『絆』だったと思いますが、このドラマも『絆』を感じさせてくれるドラマでした。もう少し早くドラマが始まっていれば、おそらく『承知しました』は流行語になったんじゃないかな? と、思います。
 NHKの連続テレビ小説の『てっぱん』と『おひさま』は全話観ましたが、NHKの連続テレビ小説を除けば、1話から最終話まで全部観たのはどれぐらいぶりだろう? 一応、『神様の女房』という、これまたNHKで放送していたドラマは観ましたが、これは3話しかなかったからねぇ…。
 それに、ビデオに録画して、たいてい随分経ってから2~3話まとめて観たりすることが多かったオイラが、この家政婦のミタに限っては帰宅が遅くなって22時に間に合わなくても、寝る前に必ず観ていたドラマ。先延ばしせずに観ていたことはオイラにとっては奇跡に近いよな…。
 
 また、感想をジックリ書きたいけど、こう書いてジックリ書いた試しないもんな。結局は映画のマネーボールもろくに書いてないし…。
 
 家政婦…というか、エチーなゲームの(悪)影響で、メード好きなオイラは、「家政婦は見た」のパクリか? みたいな感覚とあいまって観はじめましたが、見て良かった作品。 まぁ、実際にこんな家政婦さんが来たら、夜伽ばっかりさせそう…。松嶋奈々子様も充分ステキですが、今井りか様や眞鍋かをり様だったら、なお、夜伽を… …って、最後にどうしてもこういう妄想を書いてしまうオイラであった…。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック