忍者ブログ
2009年秋からスタートしたブログです。
カレンダー

04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


 誰も興味はないでしょうが、本日の 4月 7日はオイラの誕生日です。自分自身への誕生日プレゼントという意味を込めて是非当てたいものですが…。
 
 
  桜花賞
◎07番:アウィルアウェイ
〇08番:グランアレグリア
▲15番:ダノンファンタジー
△10番:フィリアブーラ
 
 
 新馬戦以来の再戦となる、グランアレグリアとダノンファンタジーがやはり人気ですね。正直この 2頭を素直に本命と対抗にするつもりでしたが、前回、阪神牝馬SとNZTの予想を書いたときに書きましたが、金曜日にオッズを確認したときに複勝が売れていたアウィルアウェイが気になるので本命にしましたが、土曜日の重賞を見ると、石橋脩騎手に不安が…。
 日曜日の天気や如何に?
 

拍手[0回]

PR


 UQモバイルの CMをはじめて見た時、深田恭子様、多部未華子様はわかったものの、この三女の可愛い娘は誰なんだ? とわからなかったのですが、連続テレビ小説のヒロインも経て、いまや 10代の女優では知名度ナンバー1 かな? の、永野芽郁様がヒロインを務めるということもあって気になっていた映画、君は月夜に光り輝くを観ました。この映画、観る前から以前観た君の膵臓を食べたいという映画を思い出しましたが、この映画を観てるときも君の膵臓を食べたいを思い出しました。
 
君は月夜に光り輝く 映画公式サイト


 余命ゼロの同級生のお見舞いに行った男子生徒が彼女のやりたいことを代行していくというストーリーですね。公開して間もないし、春休みでこれから見る方も多いでしょうからネタバレは控えないといけないのでしょうが…。
 この病気って本当にあるのかな? と、ちょっと気になって調べましたが、調べた結果はみなさんで調べてくださいね。これもネタバレになりそうなので…。
 う~ん、別に二番煎じというほどではないですが、先に書きましたが、君の膵臓を食べたいとどうしても被って見えるんですよね。大人しめな男子生徒の同級生。健気に明るく接する病気の女子生徒…。ネタバレになるけれど、結局女子生徒は亡くなるわけですが、その亡くなったあとの展開もなんとなく雰囲気ですが似てるイメージ…。そんなこんなで感動が微妙に薄いんですよね。ベタなストーリーが好きなオイラとしては好きな映画なのですが…。
 
 オイラ、こういうぬるい恋愛というか、色恋に無縁な悲しい人生を送ってきたので、こういう若い淡い恋愛は羨ましいというか、まぁ彼女には死んでほしくはないけれど、こういう甘酸っぱい体験もしてみたかったなぁ…。
 

拍手[0回]



 キングヘイローが亡くなったや、イチロー引退など、サイン馬券がいろいろネットで飛び交ってますが、まぁ結果的にサイン馬券のような決着になるかもしれませんが、ここはサインとかに捉われず G1の予想をしましょう。
 
 
  高松宮記念
◎13番:ダノンスマッシュ
〇06番:アレスバローズ
▲03番:ミスターメロディ
△08番:レッツゴードンキ
  
  マーチステークス
◎09番:エイシンセラード
〇08番:テーオーエナジー
▲16番:センチュリオン
△06番:ヒラボクラターシュ
 
 
 高松宮記念は外枠不利なようなので不安もありますが、ハンデ戦だったとはいえ、重賞連勝中のダノンスマッシュを素直に本命にしました。レッツゴードンキももう 7歳ですが、人気あるのでおさえ。
 マーチSはハンデ戦なこともあって荒れるイメージが強いのですが、あんまり穴馬に印を打てなかったなぁ…。
 

拍手[0回]



 ちょっと観てから日が経ちましたが、劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズを観ました。
 正直、ちょっと気になっていた映画でしたが、正直、本当はその日には別の映画を観ようかと思っていたのですが、上映時間などを考えてこっちを観ました。が…。見て良かったと思いました。

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ


 映画もなかなか面白かったのですが、どちらかというと懐かしいというのが大きかったかな。
 歌も当時、アニメを見ていたときに流れていた曲で ゲットワイルドなんか流れたときは、ちょっとウルッときちゃった。ということで、面白いいうのは嘘ではないのですが、懐かしいとい気持ちの方が先にあったかな。
 ストーリーはありがちといえばありがちな…? 新宿が戦場みたいになるのはマンガのエンジェルハートでもあったような?
 ちょっとネタバレになりますが、新宿駅の掲示板がスマホのアプリになっていたり、時代の流れを感じながらも、 20世紀に見ていたころのギャグやテンポはしっかり残していたので、見ていて取り残される感もなく、自分が若かったころ見ていた感覚を思い出しながら鑑賞しておりました。
 実は、オイラが見たときは、たまたま日本語字幕付きの上映だったのですが、正直字幕が気になって邪魔だな…と思うシーンもあったし、歌の英語のパートは日本語に訳されることもなく英字で表記されておりましたが…。ただ、最後の一言は字幕があったからわかったけれど、字幕が無かったら「あれ? いまなんて言ったのかな?」と、わからなかったかもしれませんね。
 
 アニメ映画を観たのは久しぶりでしたが、週刊少年ジャンプで見ていたし、アニメも観た回数はそんなに多くないものの見てましたし、この作品は楽しめました。キャッツアイの 3人姉妹も懐かしかったし。
 

拍手[0回]



 なにか映画観たいな…と思い、スマホでちょっと検索してたら、「あれ? なんか面白そう」と思って、僕の彼女は魔法使いという映画を観に行きました。よく知らずに映画館に行ったら、ポスターが掲示されていましたが、なんだか見覚えのある女性のポスター。

インスタグラム


 千眼美子様と改名されたのでしたっけ? そして製作総指揮の名前に大川隆法様の名前が…。ということは、この映画はそういうことか…?
 ちょっと見るのを躊躇したのですが、せっかく来たし見ました。う~ん、内容もなんていうか…。まぁ、 B級映画だと思って見ればそれなりに出来た映画でしょうし、爆笑はないけれどシーンによってはクスッと笑いの起きたシーンもありましたが、でも、どうしても宗教を意識してしまって見てしまうオイラには、あまり楽しい映画…とはお薦めできない一作かな…。でも、思想、信仰は自由ですからね。
 全国的になのか、オイラが行った映画館がたまたまそうだったのかわかりませんが、2月 22日の金曜日が公開初日だったので、ネタバレになるような映画のストーリーには触れませんが…。
 

拍手[0回]


29日  1-2-4  1080 270 
            680  280  70


30日  1-3-4  780   280
     1-6-3  6790  2050
     1-3-5  1110  370
     2-4-3  10230 2130
            ー820  -1310  -150


31日  1-2-4  1170  330
     3-1-6  3410  860
            370  -430  -70


1日  1-2-4  890  300
           490  90  100

拍手[0回]



 本当は火曜日に予想をアップしたいのですが、いろいろ忙しいので、アップできるか微妙なので、時間のある今日にアップしときます。時間があれば火曜日もアップするかもしれませんが…。
 もう枠順も発表されましたしね…。
 
 
  川崎記念
◎02番:ケイティブレイブ
〇06番:ミツバ
▲08番:オールブラッシュ
△04番:コパノチャーリー
 
 
 きっと抜けた 1番人気になるでしょう、ケイティブレイブを素直に本命にしました。JBCクラシック優勝、東京大賞典も 3着したし、まぁチャンピオンズCで大負けしてますが…。でも Jpn1競走で別定ではないのでこのメンバーなら楽勝してほしい…。あとも JRA馬から選びました。川崎記念は基本的に堅い決着が多いので、穴馬はあんまり気にしなくていいですよね…?
 

拍手[0回]



 石田ゆり子様のようなオトナ可愛い女性、内田有紀様のようなオトナ可愛い女性、加藤綾子様のようなオトナ可愛い女性、そんな素敵な女性と美味しいお酒を呑むのが夢なおっちゃんです。
 
 2019年の初映画鑑賞はマスカレード・ホテルになりました。予告編を見たときから興味があったのと、長澤まさみ様が主演されているからです。まぁ木村拓哉様との W主演のようですが…。
 

映画『マスカレード・ホテル』公式サイト


 連続殺人犯が現れるホテルに警察が潜入捜査するというお話。上映されてからまだ一週間なのでネタバレはもちろん、映画のストーリーを書くのもはばかれるのですが、いろんな人が登場していろいろな人間模様も描かれてる映画で、来る人来る人、みんな怪しく見える…。なんだかサスペンスものというか推理もののような感じで見ていたのですが、途中から、なんかそういう妙な緊張感なく見てしまいましたが、後半はさすがに緊迫感もありましたね。ちょっと長い映画で、出演者が豪華なので、それぞれの見せ場も作らなければいけなかったのでしょうね。正直、ちょっとしんどいと感じることもあって、もう少しコンパクトにまとめられた作品ならなぁ…という感想も…。
 でも、木村拓哉様はやっぱりカッコイイですね。長澤まさみ様も可愛い。
 
 じゅうぶん楽しめる映画でしたが、ちょっと長いのが難点かな…。というのがオイラの個人的な感想でした。映画のストーリーに極力触れずに感想を書くと、この程度のものしか書けないですね、オイラ。

拍手[0回]



 石田ゆり子様のようなオトナ可愛い女性、小川範子様のようなオトナ可愛い女性、吉瀬美智子様のようなオトナ可愛い女性、新垣結衣様のようなオトナ可愛い女性、そんな素敵な女性と美味しいお酒を呑むのが夢なおっちゃんです。
 


藤島士半先生のウェブログ

  つづきは「こちら

藤島士半先生のウェブログ



拍手[0回]



 小川範子様のようなオトナ可愛い女性、戸田恵梨香様のようなオトナ可愛い女性、吉瀬美智子様のようなオトナ可愛い女性、加藤綾子様のようなオトナ可愛い女性、そんな素敵な女性と美味しいお酒を呑むのが夢なおっちゃんです。
 
 つづきは「こちら

拍手[0回]